FC2ブログ

麦なら近江八幡 その1

2011年06月17日 07:30

 毎年、この時期には花を求めて関西の奈良京都滋賀方面を徘徊している私ですが、今年は麦で。
 実は麦ってとても興味があるというか、イイ味だすなぁと思っていて。
 色の移り具合が、とてもいいなぁって。
 他にも理由はありますが。
 で、関西で私のテリトリ-だと麦は滋賀にあるというのは解っていた。というか、滋賀以外にどこにあるだろうか、というのが本音。和歌山・・・ないんじゃないかなぁ。あそこ、梅とみかんばっかというイメ-ジが脳内に定着しちゃってるからなぁ。兵庫県北部は蕎麦?って、局地的な。京都で麦というのは全く聞かないし見ない。案外奈良にありそうな気もしなくもないが、あそこも基本米だよねぇ。
で、以前仕事で営業に行った時に乗った近江鉄道の車窓から見えたので、まぁ、麦があそこらへんで盛んなんだろうなと。
 で、行ってみました近江八幡。
 元々近江八幡には行ってみたかったのです。
 なんだか頻繁に引きがきている感じだったし。
 今にして思えば河毛は前ふりだったんじゃないかって思える。
 で、近江八幡といえば、織田信長さんが愛知から一族郎党眷属まで引き連れて天下統一の下地にと選んだ場所。なので、彦根方面へチョット行けば安土城跡があります。で、天守閣の内側のみ再生したブツが博物館にあるとか。この天守閣の内装って、すんげぇ豪華絢爛だったらしいネ。
 近江商人の町でもありますね。
 八幡堀と近江商人の家があり、そのほぼ北に位置する八幡山には、これまた城跡(村雲御所瑞龍寺)があります。
 それと、近江兄弟社。メンソレ-タムの会社ですね。
 この会社を作ったのが、ヴォ-リズというおじさんで建築設計士。
 この人の建築物もあります。
 まぁ、とりあえずてっとりばやく見るなら、四条の鴨川の橋渡ったところにある北京菜館が彼の設計で現存してますけど。
 あと西の湖。
 ここはラムサ-ル条約登録地。
 あぁ、そうそう。近江牛の産地でもあります。
 まぁ、見所満載、ということで。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



湖北 ~余呉湖 & 河毛~

2010年02月26日 07:30

 と-と-滋賀北部にまで領域が広がってしまった。
 基本的に列車移動の合計3時間内を自分で決めていたのだが、最寄り駅から分岐点駅まで、滋賀だと自宅最寄駅からJR京都までの所要時間が、いつのまにか計算から外されている。
今後、私の行動範囲は広がっていくことだろう。
関西は、まったくもって広い。


■ 余呉湖

 さて、余呉湖の場所。
 滋賀と福井の県境近くにある。JR京都から新快速でいく。基本、私は特急は利用しない。
 一番のショ-トカットは新幹線で米原まで行けばいい。
 JR京都駅から米原まで約30分程度。
 特急をつかうならばサンダ-バ-ドで米原までだが、これは新快速とあまり変わらない。
 JR京都駅→(新快速で約54分)→米原駅→(JR北陸本線約27分)→余呉駅
 新快速で乗り継いでいけばの話で、乗り継ぎに失敗したら、悲惨。
 長浜までは、なんとかなる。
 が、長浜から先がなんともならんのである!列車の乗り継ぎが悪いので。
 そうなると倍以上かかるはめになるので、注意が必要。
 大体、一時間に一本。
 帰りは一時間に二本だが、時間帯によっては一時間に一本。


 余呉駅から徒歩10分程度で、駅の南側に湖はある。
 一周6.5kmの可愛い湖だ。
 黙々と寄り道をせずに歩けば、所要時間1時間から1.5時間程度と思われる。
 ワタシの歩き方が、だらだらのらりくらりと歩いて1時間4kmで、ちゃきちゃき歩けば6kmから7kmくらいなので。但し、木偶バックとカメラバックを背負った状態であります。
 
 湖の周囲に車道があり、そこを歩く。
 遊歩道もあるらしいのだが、雪で埋まっていて、道、不明。
 歩きようが無いというわけで。
 私は北側から反時計周りで歩いた。
 北側を中心に左右にはワカサギの釣堀があり、近所界隈もしくは釣人の間で有名なのか、結構な人が釣堀に来ていた。
 北は田畑と思われる。
 北から西にかけて、村がある。のどかな村の風景。
 北西南付近に羽衣天女が羽衣を置いたとされる、立派な松の木が植えられており、この松の木付近には紫陽花園がある。南東には桜が30~40本程度植えられている。
 積雪の深さは、おおよそ平均して40~60cmあたりと思われる。
 まぁ、今回は膝を越えることはなかったですが、基本、長靴なんでしょうね。
 ここは濃紺がとても美しいと思ったですよ。
 雪の白さと濃紺が引き立てあって。
 次回行く時は、長靴用意して挑みたいと思います。
[ 続きを読む ]