FC2ブログ

一生の幸運量

2007年10月30日 00:22

 今日、テレビ番組を見ていた。コメンティ-タ-10名くらいに「道端で一万円を拾ったら交番に届けますか?」という質問をしていた。
 殆どの人がねこばばすると答えたが、北野武はノ-と答えた。
そこで司会者の若い女の子が、なぜ交番に届けるのかと質問したら、意外な返事があった。

 一万円くらいで、大切な運を使いたくない。
と彼は言うのだ。自分が望むことで運がいいならまだしも、どうでもいいようなちっちゃいことに自分の大切な運を使いたくない。ここは運を使うところではない。絶対に嫌。だから交番に届けるのだ、と。

 彼は、たぶんであるが、人には「幸運の絶対量」があると思っているんじゃないだろうか。自分がそう思うからなんだけど。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



台湾の大人気ブログ

2007年10月28日 09:16

 某所で教えてもらったブログは、台湾で訪問者数一億人を達成した恐ろしく人気のあるブログです。

彎彎~光輝的十月

 簡単な漫画+短文という構成。漫画は本日のネタの核が書かれてる。漫画は4コマ漫画ほどかっちり枠組みがされていないのだけど、そんな感じでさらっと描かれていて、絵柄はちょっとさくらももこの絵に似てるかな、というところ。
その漫画の下に、簡単に補足説明の文章があり、こう思うんだけどどうかしらと疑問なんかを訴えて話題を閉じている。
[ 続きを読む ]

写真を見て思うこと

2007年10月26日 09:10

 綺麗な写真というのは、受けがいい。私も好きだ。感動して何度も見たくなる。
 しかし、「綺麗なだけの写真」というのもある。
そういう写真は、飽きるのが早い。なぜなんだろう。
見て感じる感性の部分は、とりあえずおいておく。個人差があるので。
 自分なりにつらつら考えてみると、「綺麗なだけの写真」は、「綺麗」で気持ちが止まってしまう。その先がない。
深く感動する写真というのは、「物語性」が含まれているからだと思う。
最初は綺麗で始まる。だが、綺麗で止まらずに、
「虫の声が聞こえてきそうだ」、「秋風を感じるような」、
「溢れんばかりのエネルギ-」、「命の耀き」
「開放感があってその場の空気が伝わってきそうだ。気持ちがいい。」、
「雄大な自然の夕暮れに人生の終焉を重ねる」など、
続くものが多いことに気付く。この「物語性」が多ければ多いほど、感動も深くなるのだろうと思う。

聲明4
聲明4 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

構図について

2007年10月25日 14:18

 連続して写真の話ばかりで恐縮ですが、ここいらで自分の思うところを一度整理しておこうかと思っているので、続いています。

 私の場合、被写体の木偶に対して、どこに一番拘るかというと、その瞳。もう、瞳。何をおいても瞳。瞳以外あるか、というくらいに瞳。
木偶というのは、人間と違ってしゃべらない。当たり前だが。そのしゃべらないものがどこで語るかとなれば、瞳しかねぇだろうってのが、私の考えだ。 

素顔
素顔 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

被写体と語ろう

2007年10月23日 12:18

 とは、写真テクニックなんかでよく言われる言葉だけど、私の場合は被写体はかなりの確率で木偶。
 
 気に入った花などのポイントがあり、そこで体の方向とか顔の角度とかを決めて撮影に入るのだが、思えば気に入った写真ほど枚数を撮ってることは確かだなと思う。
 最初にとにかく普通に一枚撮る。ここでいう普通は、スナップ写真のような感じで、という意味。バストから上のサイズを、何も考えずにさくっと撮る。それを見て、露出調節をする。露出調整でよしと思えば、次は表情狙いに入る。

花に惑う
花に惑う posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

永遠の男、降臨

2007年10月22日 15:05

 今日、ふらふらとmixiをうろついていたら、宣伝のコ-ナ-で思いがけないものを発見した。
 12月発売予定の携帯電話の新機種なのだが、

 シャア・アズナブル専用携帯電話 
  by ソフトバンク
 
シャアのシンボルカラー「C.A.Red」を採用。
ジオン軍のマークをボディにあしらい、待ち受け画面やアイコンなどもガンダムの世界観に合ったものになるという。

さ、ら、に。

シャア専用ザクIIをモチーフにした、
[ 続きを読む ]

気に入っている顔(自分編)

2007年10月21日 12:00

 リラックスしきって、鼻歌歌っている感じが気に入っている。
いや、別に鼻歌じゃなくったって、いいんだけど。
無題 6
無題 6 posted by (C)しゃ-ねい

[ 続きを読む ]

気に入っている顔(人様の木偶編)

2007年10月20日 02:53

 どこかぼんやりと見つめる視線。心ここにあらず、という感じ。
でも、ちょっと冷静さ(理性か)が瞳に残っている。
そういう曖昧さが気に入ってる。
白露 2
白露 2 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

ニコンD300 予約好調、でもね

2007年10月19日 19:16

 ニコンが全国のお助け店などでプロモ-ションを開始。
今回同時発売されるD3と併せてのプロモ-ションだが、なかなか世間の受けがいいらしい。いや、いいのはニコンファンだけなのかもしれない。地に足がついてないくらいに浮かれているのは、某所のニコンファンだけなのかも。

 あらゆる面でD2XS(上位機種の下ランクくらい)を上回っている。
 しかもD2XSの半額で買えてしまう。
 光の条件が良くてIS200で撮れば、D3で撮った写真と見分けられません。
 D200と比べたら、D200の画像がト-ンジャンプしているように見える。

 プロモ-ションに参加した宣伝担当であるプロの写真家たちによる力説が凄かったようです。
ぼっけぇ~っと読んでるだけでも、確かに凄そう。
[ 続きを読む ]

ホリ・ヒロシの人形

2007年10月18日 17:11

 今年は「源氏物語」に関する記述が「紫式部日記」に登場して千年目を迎えるそうだ。その千年イベントで企画された人形の映画「浮舟」。
映画監督の篠田正浩さんが制作とのことで、意外だった。

宇治市「源氏ミュ-ジアム」にて上映

 映画の上映時間は、約20分と短いが、人間と等身大の人形を見るだけでも価値があるように思える。
細面の上品な顔で、仄かに色気が漂う風情。
男性の顔も、こんな感じなんだろうか。
人形展があったら、一度見に行ってみたい。

よしながふみ【西洋骨董洋菓子店】

2007年10月16日 17:08

 なぜ、前回突然ケ-キが無性に食べたくなったかというと、【西洋骨董洋菓子店】の漫画を読み始めたからである。

 天才的パティシエ小野がつくるケ-キが、どれもこれも腹立つくらいに美味そうなのだが、私の心を激しく揺さぶるのは、やはりケ-キを食べて感動する人たちの姿。
あまりの美味しさに踊りたくなる。じたばたしたくなる。
そんなケ-キ、食いたい。食いたいんだよぅ。
と泣きが自分に入ってしまったからであった。
manga-yogashi.jpg

[ 続きを読む ]

こらえきれなくて

2007年10月14日 16:16

 無性にケ-キを食べたくなった。自宅界隈でゲットできる有名チェ-ン店ではないもの。有名チェ-ン店のケ-キは、外れなく大概美味しい。大概美味しいから無難で、ひどく悲しくなる気持ちになることは、まずない。美味しいのだが、なんというか均一的な味というの?ちょっと意外性が欲しいかな・・・なんて思った。ここは地元で評判のケ-キ屋のものが食いたい。

 ということで、びしゃびしゃと勢いよく降る雨の中、ケ-キ食いたい病になった私は、電車に乗ってケ-キ屋をふらふらと目指した。友人からおおよその場所を聞いていたのだが、それらしきケ-キ屋がない。ビルが建替え工事中なのを見て、ここにあったんじゃろか、と思ったりもするが、根本的にいい加減な私は、ちゃんと場所を確認していなかった。
きちんと場所を覚えていない自分に、激しく後悔したが、仕方ない。
しょうがないので京都北山マ-ルブランシェで買うことにした。
思いつきで行動するのも早いが、今回あっさりと早く諦めがついたのも、雨のせいかもしれない。
[ 続きを読む ]

虫歯が

2007年10月13日 23:02

 先月から歯医者通いが続いている。
かなり虫歯が多くなってきている気がする、と思いはしていたが、会社の近所の歯医者さんは丁寧なのはいいのだが、進み具合が牛歩の如くでイラチな私には耐えられない。
「が-っと、一遍にやってっ!」
と叫びたくなるくらいに遅い。
自宅近所の歯医者は土曜日に開業していないしで、うっちゃりをかましていた。偶然自宅近所の歯医者が土曜日も開業をしていることを知り、今、歯が痛くて我慢できないというわけではないが、うっちゃりかますにも限度があるしなぁということで歯医者に行ってみた。
 
 最初はクリ-ニング希望、ということで診察を受けた。虫歯よりクリ-ニングを優先するくらいに、歯が痛くて困ることはなかった。
口をあけて、歯医者さんに覗かれ、歯茎の減り具合を確認された。
「 左から、-1、とんで-2・・・・。」
とマイナスが続いていたのだが、途中から様子が変わった。
[ 続きを読む ]

【精霊の守り人】

2007年10月11日 00:28

 第7~10話まで。
 前フリ段階終了し、話が転がり始めた。
「精霊の卵」をどうやったら皇子の体内から取り出せるのか。今わかる範囲で情報収集しながら、対策を練ろうかという段階。

 アニメでは原作のままではなく、かなり内容がアレンジされていた。アレンジされてはいたが、原作者が企画に参加しているせいか、原作の意図は尊重されたままで核として残っているように思った。
通常内容が大幅にアレンジされると、原作者の意図が監督の意図へとアレンジされるものだが、そこは変わった感じは今のところない様子。
逆にアレンジすることによって、原作者の意図が強調されるようなつくりになっているようにさえ思われる。 
 もう一つ嬉しかったのは、原作では影法師のような存在感だった脇のキャラクタ-の多くが、でしゃばらない距離感で生かされていて、非常に好感がもてる。
脚本の段階で、かなり考えに考えられて作られたアニメではないか。

ブス猫だけど味がある

2007年10月09日 00:22

 久しぶりにみたような気がする正統派ブス猫。
ここんところ美人やハンサムな猫ばかり見ているせいか、とても新鮮に感じるくらいにブス。
 【まこという名の不思議な猫】/のまこがそのブス猫なんだけど、妙に愛嬌があるというか、不思議な顔というか、人間臭いところがあるというか。
するめのような味のある猫キャラが顔にでてるという感じがして面白いです。

絞りだけじゃ、ないのよ

2007年10月07日 20:04

 先日撮った写真を整理して、またもや気付きました。
 撮っていた時、最初に撮った写真が、明るくなりすぎて全体がハレ-ションを起こしたので、少し暗くするために絞り調節して撮影したものです。

■暗すぎる                    ■丁度いい明るさ
071007mixi-xzj3.jpg

ところが、絞りはF5.6で同じなのです。
なぜ、違うのかナ?明るさが。
[ 続きを読む ]

上橋菜穂子著作 【精霊の守り人】

2007年10月05日 23:29

 今年、一番のシリ-ズ。
って、つい最近もそんなことを書いたが、【夢をかなえるゾウ】もサイコ-だったんですが、それ、早くも超えました。
 原作読んで知ったのですが、このシリ-ズは10年くらい前に出版されていて、その筋では有名だったんですね。いやぁ~、全然知りませんでした。日本の児童文学から遠ざかってましたが、他国ばかりに目をやってる場合でないな、と反省。
 
 
hon-seireimori.jpg

[ 続きを読む ]

だだっぴろい空間をだしたい

2007年10月04日 22:39

 「広い空間」を感じさせる絵にしたい。
とはいえ、どうすれば空間の広がりがだせるんだろう?
ってなわけで、空間について試してみた。

 私のイメ-ジとしては、

「 地平線彼方まで一面に広がる麦畑(別に麦畑でなくてもいいんだが)の中に、ぽつねんと立ち尽くす被写体」

というのがあった。
万博公園なので、そこはそれなりに広い。でも、残念ながら、地平線は、どこまでも続いとりゃ、せんのだ。
そこで、「どこまでも続く”であろう”地平線」ってな感じ、どうやればでるかな、と思ったわけだ。
[ 続きを読む ]

全体をぼかしてみた

2007年10月03日 22:20

 ボケ道一直線に猪突猛進している私ですが、ボケといっても色々あるように思います。とはいえ、大抵行き当たりばったりで、偶然の産物である場合が多いのですが。
ピントの合わせ方を単純におおまかに分けると、

1.四隅まで全部にピントをあわす
2.被写体のみピントをあわして、他はぼかす
3.全部をぼかす

の3つになると思います。

 一眼レフデジカメにしてから、画面全体をぼかすことが難しいと思うことが多々あります。私の場合、「ボケ道」というくらいですから、被写体以外の空間は大概ぼかします。はっきりいって、被写体以外の空間は、隙間を埋める背景色だと言い切るくらいにぼかすパタ-ンが主です。
とはいえ、全体をぼかしたい、といつも思っていました。
[ 続きを読む ]

せめて夢だけでも

2007年10月02日 22:11

 夜中にぐうぐう寝ていたら、急にトイレに行きたくなった。でも凄く疲れていて眠たい。冬で寒いから、布団の外にでたくない。
我慢してれば朝になる、と勝手に決めこんで、体の欲求を無視して寝ていた。が、どうしてもそこは我慢の限界がやってきて、トイレに行け、と膀胱が訴える。それを無視していたら、今度は出口が、「もぉ~、ストッパ-かけるのも限界なんですけどっ!」と、キレはじめる。それでもしぶとく無視して寝ていたら、今度は膀胱と出口が共闘して暴れだした。

しかたねぇ~なぁ・・・・

むくりと布団から抜け出し、トイレで用をたす。
はうぅ~。気持ちいい~。このえもいえぬ開放感は、どうだ。どんだけ体に我慢させたか知れようというもんだ。
と、体の欲求を満たしながら満足していたのだが・・・・
突然もう一人の私が、むくっと起きてきて首を傾げ始めた。

ん?気持ちいい?
ちょっと待て!気持ちいいって、何を言っている。今、私は寝ているハズ。
え?寝てる?あっ!
がばっ、と起き上がり、「う”っ!マジ?!」ってな具合で瞬時で体の欲求を理解し、脱兎の如くトイレに飛び込んだ。
疲れて眠りこけていた私は、トイレに行きたいという体の欲求をことごとく無視していたらしい。体はトイレに行きたい。でも何度訴えかけても当人は完全に無視する。にっちもさっちもいかなくなった体は、非常手段に出たらしい。このやるせないジレンマな気持ちを、なんとしてでもトイレに行って生理的欲求を果したい体が、私に夢をみさせ、せめて夢の中だけでも生理的欲求を満たそうとしたらしい。
なんて涙ぐましいんだろう、私の体。
ちなみに熟睡してる最中に腹が減った時、がっつく夢もバ-ジョンであります。

瞬発力で買う音楽

2007年10月01日 23:46

 何かを買うとき、大抵モノに呼ばれて買う場合が多い。呼ばれもしないのに妥協して買って後悔し、使わずに新品同様で放置するのが嫌だからだ。
 モノにもよるけど、音楽の場合、私は割合に尻が軽い。
なぜだかほいほいと気軽に買うところがある。自分から進んで買う。
 私が愛して止まない人たちは、皆活動タ-ムが気まますぎるくらいに不規則で、沈黙し始めたら5年くらい平気で動かない人達ばかり。そういうわけで、そんな人達の活動タ-ムの待ち受け状態で隙間ができている私の心を埋めるかのように、突発的に買ってしまうのだ。

 という理由で突発的にCDを買っているけど、突発的に好きになる曲はコマ-シャルな音楽が多いな、とつくづく思う。
今日、【精霊の守り人】のサントラⅠを購入したのだが、家に帰って早速聞いてみたら、突発的な買い物しちゃったな、としみじみ思った。
CDには28曲ほど入っているが、結局気に入っているのは公式サイトで流れていた【英雄,立つ】である。
【英雄,立つ】

 丹念に聞けば、他にも気に入るかなという曲は数曲あったけど、たぶんあんまり聞かないような気がする。直感的に好みだと感じた曲が少なかったので。
やはりこういう買い方は、もったない気がする。
だから、もうちょっとちゃんと聞かなきゃ、と思いはするんだけど。
[ 続きを読む ]