FC2ブログ

山ちゃん、離婚

2007年11月30日 15:28

 山ちゃんこと声優の山寺宏一さんが離婚してた、とmixiのニュ-スの見出しにでていた。
 山ちゃんと言えば、私としてはジム・キャリ-とエディ・マ-フィの声の人、という認識だ。映画の役者の吹き替えの声を担当してもらえると、比較的覚えやすい。アニメだと自分が強烈に贔屓しているキャラ限定になるので、アニメ世界では山ちゃんは遠くなるのだった。
 で、山ちゃんの奥さんも声優業だったということを知ったのだけど、離婚の慰謝料で豪邸を奥さんに譲ったという話を読み、どうでもいいことなんだけど、山ちゃん、儲けてるんだなぁ・・・・と実感した。

 儲けてる・・・で思い出したが、京都の浄土真宗系の職員が1億4700万円横領したとか。9年間で約7億円横領したとかで、銀行の女子社員の横領事件に負けない額に、改めて宗教って、やっぱ儲けてるんだなぁ・・・・と実感した。
だから新興宗教、やめられないんでしょうねぇ・・・・・
って、違うか。
 それにしても、横領の話になるといつも不思議に思うのだけど、どうしてこんな大金が消えているのに気づかないものなんだろう。
纏まった金額が1億ポツンと消えれば目立つけど、10万、数万単位なら解らないとでもいうのだろうか?
 いやぁ~、経理とはそんなもんじゃないと思うんだけど。
 それか秦假仙のように、どこかに財産隠し部屋を持っていて、そこに入れときましたからというフリをして実は入れてないとか?
それだってばれるでしょうに。なんだか裏がありそうで、そそられる話です。
と、とりとめもなくどうでもいいことをつらつら思うのであった。
スポンサーサイト



国の形

2007年11月29日 12:33

 某所のブログで韓国では自国の形を龍に例えていると書いてあった。そのブログを書いた方は、「龍よりはウサギの方が形が似ている」と思っていて、それを地元の韓国人に言うと、顔を真っ赤にして怒る人が幾人かいたらしい。怒る理由は日中間の過去の歴史を鑑みて、という硬い話になるそうだから、ここでは触れずにスル-する。

 龍の形って、それはかなり無理があるんじゃないか、と私も思う。それはちょっと見得をはりすぎでしょう、とついつい思ってしまう。日本が龍に例えられることにも、若干違和感を感じるのに。でも、日本は縦に細長い国だから、「これ、龍だから」と言い切ってしまえば、みえなくもない気がしなくもない。だが、韓国みたいに寸胴のような地形で龍と言い張るには、かなり無理があると思う。
 さりとてウサギの形というのにも意外な印象を受けるが、なるほど絵でみるとウサギに似ている。前足を胸にちょこんと置き、後足で立つ姿というのでしょうか。 
[ 続きを読む ]

新刊 【きのう何食べた1巻】&【のだめカンタ-ビレ19巻】

2007年11月26日 00:33

 最近発売されていたのを、すっかり忘れてた。
 週間モ-ニングを毎週読んでいるので、今すぐ買わなくてもいいかなぁ・・・と内心思っているからか(笑)・・・?
 まったりとすすむ話がラストどうなるのかなんて、全然予想つかないだけに、それが楽しみでもあり不安でもあり(笑)。

manga-kinou1.jpg

[ 続きを読む ]

台湾茶を飲んでて思うこと

2007年11月25日 00:22

 どうして最近の台湾系のお茶は、品種を問わずのきなみ一杯で茶葉を変えたくなるのでしょうか?
 私は基本的に大陸育ちなので、大陸で育った頃のことが基本になりがちなのですが、80年代後半から90年代後半くらいだと、大陸では4杯なんて、へっちゃらでした。
2000年に入ってからは、主に台湾茶にスイッチしましたが、それでも購入していた当初は3杯くらいは当たり前で飲めてた。

 ♪だのにぃ~、なぁぜぇ~♪

 最近のお茶は淡白な味になったと思いますが、そんなところまで淡白にならんでも、えぇやないかとちょっとがっくりきます。
味が淡白になったから、茶葉も一回ぽっきり・・・なんとなく解るところもあるけれど、あぁ、やはり昔の胃にくるような濃い味が懐かしい。
私の懐も懐かしい、と申しております。いやはや。

秋ですねぃ(寒いけどサ)

2007年11月24日 21:43

 オ-タム色って、こういう色のことか?
 と、最近ヨコ文字がわからなくなってきている私です。

 気温は寒いけど、景色だけはなんとか秋模様。
第二世界
第二世界 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

奈良ホテルでお食事

2007年11月23日 19:08

 数年ぶりに奈良に行きました。
 もう、土地勘も殆どなくなっています。
 そんな状態で地元の美味しいと評判の店を捜すのも面倒なので、奈良ホテルで昼食を食べることにしました。
 
 「桃山御殿風檜造りの本館は、明治42年創業当時の和と洋の調和した姿そのままに、懐かしさ漂う雰囲気で皆さまをお迎えします。」
と書かれた言葉のとおり、大変地味な外見ではありますが、とても心安らぐものがあります。
 昔の建物が大好きな私としては、とても嬉しくなる建物です。建物内を徘徊したいくらです。
 2009年で創業100年になるといいます。その100年にむけて内装、外装を改修したようで、白壁などが綺麗になっていました。
奈良ホテル正面玄関
奈良ホテル正面玄関 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

「マグナム マグナム」の中の一枚

2007年11月22日 18:16

 週間文春11月15日号に紹介されていた写真集。
 アメリカで設立された報道写真家集団マグナムが創立60周年を記念して出版した写真集。このマグナムという集団は、私の好きなロバ-ト・キャパが設立メンバ-の一人となっている。
とはいえ、ロバ-ト・キャパが好きという割には自伝しか持っていない私なのだが・・・・・いけてねぇ・・・汗x1000

 で、週間文春に掲載されてる写真数点のうち、一番気に入った写真が、これ
 このサイトは出版元の青幻舎の新刊の案内をしているサイトで、徐々に下に下がってきてます。
なので、だ--っと下へ移動して頂くと「汚染地域で無邪気に遊ぶ子どもたち」という題名の写真がでてきますが、それです。 
[ 続きを読む ]

水に映る風景

2007年11月21日 19:13

 顔見知りになった写真愛好家の方が水溜りの写真を撮影しているのを見て、私も真似したくなり撮ってみました。


 これでも小川の曲がりを精一杯使ったつもりなんですが、曲がり方が足りない感じです。しかも光量が多すぎて、水面に映る景色の色が明るすぎる感じで薄っぺらい気がします。
流れに止まる
流れに止まる posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

ガンダム 00の感想 第5話まで

2007年11月20日 18:57

 10月中旬か下旬くらいから放送されているガンダムの新作。

 公式サイトはこちら

 今回の主役は、「W」のように多数だ。総勢4名。
しかも、皆さん、嫌味なほど才能が突出している精鋭部隊って感じなところも「W」と同じだ。しかも、何気にイケメンなのだ。
そして、曰くありげな過去・・・・・・
どう転ぶんだろうか? 
と思いつつも、なんだか「W」とかぶってそうだなぁ・・・と少々困惑気味。
[ 続きを読む ]

ジブリランキング

2007年11月19日 01:30

 クチコミポータルサイト「SHOOTI(シューティ)」が、ネット上のクチコミを分析して順位付けを行った「SHOOTIクチコミランキング」で「好きなジブリ映画」のランキングを発表したとのこと。
 そんなサイトの存在自体知らない私ですが、面白いなとちょっと思ったので、コピペしてみました。

1位 「天空の城ラピュタ」
2位 「風の谷のナウシカ」
3位 「魔女の宅急便」
4位 「紅の豚」
5位 「となりのトトロ」
6位 「千と千尋の神隠し」
7位 「もののけ姫」
8位 「ゲド戦記」
9位 「ハウルの動く城」
[ 続きを読む ]

へんくつが好き

2007年11月18日 13:59

 某所で写真愛好家の愛機について語るコ-ナ-があり、そこにフランス人でニコン愛好家のニコン評が面白かった。以下、抜粋。

「 メーカーとしての姿勢もニコンはいいですね。
 自分が信じているところから譲らない。ときどき「間違っているんじゃないか」と思うけれど、頑固なところがいい(笑)。
マーケティングがけっして上手なわけではないけどビジネスの面からいうと、それでいいと思います。マーケティングに引っ張られすぎて商品に過剰に影響すると、ほかの会社と同じものになってしまう。
メーカーとしてはまず商品に魂を込める。
それが先だと思うんです。
これは私の会社にも通じる姿勢です。」
[ 続きを読む ]

印象派の絵

2007年11月17日 23:23

 ある日写真のファインダ-を覗いたら、背景がきらきらと耀いていた。まぁるく光輝きが映っていた。自宅に帰ってパソコンで写真を見たら、オレンジ色の光で背景が埋もれていた。
光は単一色ではなく光と光が交わって、色んな色を映し出してた。
 このまぁるい光の輝きを見ながら、印象派の筆遣いは、光の耀きを表しているのかな、とぼんやり思った。


秋葉
秋葉 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

背景のボケ、いろいろ

2007年11月16日 14:01

 背景のボケ写真が、ポツポツと溜まってきたので、まとめてみた。

 勝手に洋画風と命名。この写真は私にとって、結構衝撃があった。なぜならボケの按配で
背景を絵のようにアレンジすることが可能だと気づかされたからです。
素顔
素顔 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

山茶花

2007年11月15日 00:29

 いつものようにいつもの如く、写真を撮っていたら、偶然撮れた一枚。ちょっと逆光状態で撮ったのだが、陽に向い、すっくと見上げるような山茶花の後姿に蓮華を見た気がした。 

蓮華
蓮華 posted by (C)しゃ-ねい

シャア専用携帯の価格発表!

2007年11月12日 23:21

 102,720円

 あほか。
 といいつつも、衝撃のあまり書いてしまう私であった。
 限定数5,000名。
 でも、10万円台だったら、買う人いるんだろうなぁ。
 
 あ、ちなみに最近携帯をトイレに落として、なんてタイミングがいいんだろうと思いましたが、どうしてもソフトバンクの加入が許せずに新機種購入しました。
 

FXで亜空間へポン!

2007年11月12日 19:31

 二時間かけて書いて、さぁ〆だというところで、いつの間にやらログインが切れていて、一からやり直しさせられている私です。あ-・・・・がっくりだ(笑)。

 今、架空ゲ-ムに嵌っています。どの架空ゲ-ムかというといわゆるPS2なんかの戦闘ものパソコンゲ-ムではありません。「為替ゲ-ム」です。今話題のFXの仮想ゲ-ムです。パソコンで外貨売買ができるわけですが、各社とも取引に使用するソフトが違います。それを実体験してもらうために、バ-チャル体験ができるのですが、中には賞品つきのものもあります。

セントラル短資の為替ゲ-ムFX1 優勝者には豪華旅行

為替どっとこむのバ-チャルFX 優勝者にはアルファロメオだ

 セントラル短資は業界老舗で信用があり、為替どっとこむは業界顧客人数一位という実績が売りだとか。
[ 続きを読む ]

サリ-・イップ【傷逝】

2007年11月10日 00:42

 久しぶりに中華ポップスを聞いている。最近、霹靂関係の歌八割、残り二割を映画やアニメのサントラでしのいでいるが、先日中華ポップス仲間のバンド初ライブが行われ、久しぶりに中華ポップスを聞いて、やはりいいなぁと再度思いだし聞く気になったのだ。

 で、なぜサリ-・イップなのかというと、仲間内で熱烈なサリ-ファンがいて、自作のサリ-Tシャツを着ていた。そのアルバムの中に、好きな歌があったことを思い出したから。もちろん、私自身も熱烈ではないが、サリ-・イップは好きで懐かしいというのもあった。

 彼女は既に引退していて芸能活動はしていなかった。住居もアメリカ。熱烈ファンのF氏に言わせれば、意外とアメリカで歌手活動はちらほらと行っていたらしい。ただ、本国香港での活動は、一切していなかった。しかし、3年くらい前だったか、歌手活動を香港で再開したのである。その時に久しぶりに発表となったアルバム【イ尓聴到】に納められている曲が【傷逝】で、広東語と普通語バ-ジョンがある。正直言えば、広東語の方が情緒があっていい。言葉が違うだけで、他は全く同じなのだけど。だが、私は広東語が解らんので、普通語バ-ジョンに頼る。
[ 続きを読む ]

使えると思った表現(中国語)

2007年11月08日 16:58

■ ~又怎麼樣=又如何

例:私が行かないからってなんだっていうんだ 
   ⇒不去又怎麼樣
   
 友人のブログで見つけた表現。これは使えると思ったのですが、若干喧嘩の時に使うような感じですね。
 こういう風に短文で的確に表現するのは、凄く難しい。どうしても余計な単語をくっつけて、文章が長くなりがち。簡単な単語、言い方ができるのに、難しく考えて回りくどい言い方をしてしまいがち。
 難しく考えてると自覚していなくとも、日本語を直訳的に中国語に当てはめようとする行為が、既に難しく考えているんじゃないか、と思うことは私の経験上実際によくあります。
 中国人の実際の会話を聞いて覚えてを繰り返す中で、こなれてくると角が取れるというか、余計な部分が減ってくるというのはあると思う。

 大阪にこういう簡単な単語で短文を作ることを教えている中国語会話教室があって、一度は通ってみたいと思っています。こういう発想ができて考え続ける人って、賢いなぁといつも感心します。
[ 続きを読む ]

病人は元気なものの生気を吸う

2007年11月06日 19:11

 妹の看病が一段落して、やれやれな私です。
 プリン、盗み食いするヤツに看病は、いらんだろうが。

 それにしても、病院に詰めてた間、酷く疲れました。気づかれもあったとは思うんですが、なんていうんですか、酷く疲れるんですよね。
 脳が働かない。聞いたことが覚えられない。だから、メモ用紙に書いて忘れてもいいようにする。体もだんだん動かなくなる。体が重いのよねぇ。それに疲れが、なかなかとれない。
 普段、この程度の疲れだったら、栄養あるものを腹一杯食べて、こんだけ休めば元気がでる、ってな具合で、体力の回復なんて割合検討がつくものだけど、全く検討がつきませんでした。
 妹が元気になって、目を耀かせて飴玉なめてる姿を見た時は、

あぁ、こいつに生気を吸い取られてる・・・・

と、わけもなく実感しました。

 医者が言ってたそうですが、病人の背をさすってやるだけで病人は気分が良くなるとか。実際、そういうことってあります。
そういう時なんか、病人が元気な人から生気を吸ってるらしいですね。
 武侠小説だと元気な人が自分の気を病人怪我人に放ち、元気にさせるという描写が多々あります。アレの病人が勝手に奪っちゃうバ-ジョンみたいなもんなのでしょうか。
 中国の医療なんかにヒントがありそうな気がしますが、どうなんだろう。結構真実のような気がします。それもかなり面白い話ですね。
 どうせ奪うなら入院費を持っていく病院関係者限定にして、って感じなんだけど、私。
[ 続きを読む ]

私の気持ち

2007年11月04日 19:04

 ということで、担当医のことについて何時間もかかって書いたら、ちょっと整理できてきたのか、気分が落ち着いてきました。
 まだまだ病院のこと、看護婦のこと、言いたいことはあるのですが、今回は自分の気持ちについて。

 正直言えば、担当医を責められる立場に私はいない。
なぜなら、担当医と同じように、私もまた妹の腹痛を真剣に受け止めていなかったからだ。
 1日の晩から、腹痛と嘔吐で苦しんでいたが、3日に退院してきたときは、全く気にも留めていなかった。だから、友人のライブに行き、夜中まで二次会の中華カラオケ大会で遊んでいたくらいである。まぁ、ほんのり脳裏にあいつ大丈夫なのかな、程度思うくらい。
あげく再入院した5日の午前は早朝から近所の公園で、外拍していた。
[ 続きを読む ]

担当医について

2007年11月02日 16:31

 結論から言えば妹は助かったわけだが、こうなるまでの経緯で私や病人を含めた家族が最初の主治医に対して強い不信感を持ったのは、彼の判断ミスだと強く思うからである。

 なぜ判断ミスだと思うかといえば、彼の若さも理由の一つにある。
たぶん30歳前半くらいで、
 インタ-ン終わったの、最近?
という感じだ。私は彼との初対面の時、私は彼の顔に、
「実務経験値少ないです、僕」
と書いた張り紙が張られているのが見えた気がした(笑)。
いや、冗談ではなく、本当にそんな張り紙がべろ~んとぶらさがった映像がだぶった。
 そして、彼の患者や家族に接する態度が、とても社会人として緊張感に欠けるものであった。外見で判断するな、の逆説で、無意識に彼の緊張感の欠如が現れている態度だった。
そんな見るからにくちばしの黄色そうな医者に対して、信頼などという気持ちは、なかなか生まれないが、如何せん、彼が担当医。
[ 続きを読む ]

入院から手術までの経過

2007年11月01日 17:11

 先週末より妹が腹痛を訴えて入院。ただの腹痛かと思っていれば腸閉塞だったということで、非常に驚いた一週間でありました。
 今回のことで、私は色々と衝撃を受けることがあったので、一連のことを整理して気持ちを落ち着かせようと思うので、先ずは事の経過を書いてみようと思います。


 11月1日(木)
 妹帰宅後、嘔吐、腹痛激しく、夜間病院へ行き入院。

 11月2日(金) 
 内科消化器系の今時の若い医者が主治医を担当。
 神経性の腹痛と判断。CTスキャン、血液検査などの検査結果、白血球が12,000という数値以外は異常なし。

 11月3日(土)
 白血球の数値が9,000へと減り、ほぼ健康体の8,000と同じとなる。異常もなく、病人も帰宅を希望したため、退院。

 11月4日(日)
 退院したものの3日の晩から翌日の昼にかけて、嘔吐、下痢が続く。
 昼、本人が腹痛に耐えかね救急車を呼ぶ。
 病院を変えたかったが、他の病院が受け付けない。既に某市民病院にかかっていたため、そこに再度見てもらうことになる。
 再度入院が決定。
 病人の痛みは、相変わらず続く。痛み止めの座薬など注入。痛みを和らげようとする。
 この間、当人は食事取れず。点滴のみ。
[ 続きを読む ]