FC2ブログ

張芸謀【英雄】 感想

2008年07月30日 07:50

 久しぶりに見ました。
 久しぶりに見て、前回、とてもいい加減に見ていたことを再確認しました。

ごめんなさい、張芸謀監督!

 私は心の中で、20回くらい誤りました。
 深く反省した私は、やはり余裕があるときにちゃんと見ようと反省。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(反省中)。
 ということで、反省終了。

 この作品、三部構成になっていましたが、その三部構成の意味がわかっていなかったことに気づいたのです。
 第一部は刺客無名が秦王のところに来て、以前秦王の殺害を企てた3名の剣客をご依頼どおり殺害してきました、と報告する場面。
 これは最初からわかっていたことなのですが、第二、第三がわかっていなかったのです。
 いけてねぇ~~~~~、私!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



反省会

2008年07月29日 07:44

 集中して写真を撮ってるとマンネリしてくるもので、そういう時は一度撮るのをやめてみるのもひとつの手だな、と思うこのごろ。
 前回、万博の先輩方にアドバイスしていただいたことを頭に置きつつ「物語性」を考えてと思いつつ撮影に挑むのですが・・・・・

 この写真は、全体的にまとまりができたところが気に入っています。
被写体右下、準被写体左上で丁度対になったような配置にできました。
背景は新緑の黄緑が主体です。深い緑より黄緑の方が、見た目涼しげだと思うんですよね、私。
だから背景は黄緑もしくは黄緑明るめにしたくなります、特定の狙いを除いて。
とはいえ、どうしても遠方の森部分が暗くなるので、そこは全体の三分の一くらいで勘弁してください、って気持ちで撮りました。

 散ったノウゼンカズラの花を手に持ち、まだ咲く花を見る被写体は、何を思うのか。
というのが、この写真のテ-マです。
 被写体は何も考えてないかもしれません。
しかし、私がこの絵を撮るまでに、いったい何枚、何時間費やしたか!
被写体には、何が何でも考えてもらわないと困ります(笑)。
凌霄花 4
凌霄花 4 posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

化膿する指

2008年07月28日 21:27

 傷口が化膿してしまって治らないので近所の病院にいきました。
 親指の第一間接の筋の上の切り口からばい菌が入ったのです。
傷口の周囲が黄色く膿んでいて、一度は膿みをだしたのですが、再び化膿し始めたので、

こりゃ、きりがねぇ!

と思い病院に行った次第です。
待ち時間、45分。
もう、院内は近所のじじばばの社交場状態。
そこの病院は外科、リハビリが得意なので、そういう筋力弱りましたという方々が治療にこられるのです。
[ 続きを読む ]

 【聖☆おにいさん】 感想

2008年07月27日 21:16

 【パ-ム】シリ-ズもいいですが、あまりに濃い内容だと心がブル-になるときがあります。
そんなとき、【聖☆おにいさん】のような軽いタッチの漫画を読むと息抜きができてバランスがとれてイイです。

 地上日本に降り立ち休暇をエンジョイしているイエスとブッダ二人の生活談話。
 二人にとって日本という異国であり何千年ぶりの地上ということで、ジェネレ-ションギャップと世界観の違いが宗教ネタとミックスされたお笑いになっていて面白いです。
 笑いはのほほ~んとした感じですが、よくよく考えると実はかなりブラックなネタなのではないか、と思うこともあります。
イエスもブッダも天然なところがあるキャラクタ-なので、のほほ~んな空気が全体を包むのですが、それがシニカルな色味をうまく隠しているという感じです。

 個人的に受けているのは、宗教ネタです。
 腹が減ったとつぶやけば、近所のネコがマッチをくわえて身を投げ出すし、
 雨が降れば大きな鳥がやってきて傘代わりに頭に止まり、
 クリスマスに七面鳥のロ-ストチキンが食べたい、とイエスがつぶやけば、
 七面鳥がマッチをくわえて玄関をノックする。 
そんな世間(動物・天界限定)のサポ-トが鬱陶しく感じる二人ですが、どうせサポ-トするなら調理された後の姿で登場してもらった方が100倍うれしいよな、と私も同調してしまいます。
 00 manga-seint

【パ-ム】シリ-ズ感想

2008年07月26日 19:50

 やっと買いました【午前の光Ⅲ】。
 自分の過去のしがらみと清算できたジェ-ムズの今後の人生は、どう展開していくのでしょうか。
 長い、長いスト-リ-もとうとう終わりが近づいてきた、という印象がでてきました。
いったいいつになったら出口が見えるんだろうか、と毎回思っていましたが、いざ出口が見えてくるとちょっぴりさびしいものがあります。

 新キャラクタ-登場で、女版ハリ-こと男前な女性ロ-ラ・ハリナガンがイイ味をだしています。
女であることで社会差別を受ける現実に負けまいとして、男以上に男らしく振舞う彼女。
言葉遣い、態度、考え方、武術全般、まさに男の中の男、という生き様。
  この作品には強烈な個性を持つキャラクタ-がたくさん登場し、その強烈な個性ゆえにコンプレックスを抱えていてもおかしくないのですが、それに負けないタフな人たちばかりで、見ていて爽快です。
人間生きるためには、コンプレックスなんかに負けてはいられない。 
00 manga-gogo3
[ 続きを読む ]

夏のご挨拶

2008年07月24日 07:00

DSC_4864-syotyu.jpg

どんなに凄くても

2008年07月22日 00:59

 やっぱりアメリカという国は、底がしれません(笑)。

  ニュ-ヨ-クのとある店では、12,000円のハンバ-ガ-が販売されいるそうです。
ハンバ-ガ-にはさんである肉の中身がゴ-ジャスで、トリュフにフォアグラが入っています。
ちなみに肉は神戸牛。関西人の私としては、ちょっとわけもなく自慢したくなる気分です。
 しかし、どんなに贅沢な品をつかっていても、しょせんハンバ-ガ-はハンバ-ガ-だ、って私は思っちゃうし、そんな贅沢なハンバ-ガ-はハンバ-ガ-じゃねぇ、って感じです(笑)。
 人様におごってあげるから食べてみる?
と、人様に言われれば食べます。食べたら、ふ~ん・・・・で終わりそうな気がする。

 で、日本でも1万円越えるハンバ-ガ-食べれることを知りました。
http://portal.nifty.com/2007/05/28/c/2.htm
味は、大変上品らしいです。でも、こんなのハンバ-ガ-じゃないよなぁ。

モンスタ-

2008年07月21日 00:39

  最近、理不尽な人って、増えてませんか?
先日偶然見たテレビドラマでは、モンスタ-ペアレントがネタになってました。
  自分のことしか考えない親。親として責任を果たそうとせず、文句ばかり教師側に言いつける親。
ドラマを見ながら、100%真実ではないかもしれないが、このドラマとほぼほぼ似たような出来事が本当にあるんだろうな、と思いつつ見ていました。
 
 このドラマは子供の親と教師ですが、こういうふうに自分のことを棚上げして相手に文句を言う人は、多くなってきているように思います。
それだけ自分本位にものを考える人が増えた、ということなのでしょうか。
平たく言えば、自分勝手。
こういう人はバランス感覚が著しく欠けていて、見ていてとても見苦しいです。
 なぜ、こういう人が増えてきたんでしょうか。

 そういえば、ぞんざいな口の利き方、態度をする人も増えています。
なにをそんなにイラついているの?
なにがそんなに不愉快なの?
電話をかける前に、なにかあったの?
でも、私はあなたに何もしていないでしょ?
自分の不愉快な気持ちを、私に押し付けないで。

という気持ちにさせる他人も、結構多いです。

 理性のない感情というのは、本当に見苦しいです。
排泄物の垂れ流しと同じくらいに汚いと思います。
そしてそういうことに悪びれも感じない気持ちが、気持ち悪いです。

花と虫を撮ってみた

2008年07月17日 21:27

 時々、ふと撮ってみた花の写真を。
 これはトリミングして花のサイズを大きくしてみたのだが、まだ小さい感じです。
というか、アリが小さいか(笑)。
でも、被写体の斜め左に移る影のようなボケが、被写体と対になってる感じが面白くて気に入っています。
フウセンカズラ
フウセンカズラ posted by (C)しゃ-ねい
[ 続きを読む ]

私の「燃える」ツボ

2008年07月12日 23:42

 正直なところ、男同士の恋愛には興味がありません。
いわゆる腐女子と言われるボ-イズラブ(以下、BLと略)にも、まったくと言っていいほど興味もありません。理由は、とても簡単です。

 野郎同士の非生産的な不毛な愛など、意味ねぇじゃん!

という身も蓋もないものです。

 私には、BLにトキメク心情というものが、まったく理解できないのでした。

 しかし、最近、とある某漫画家さんの対談集を読むにいたり、なんとなくこれだったら理解できる、という接点を見つけたような気がしました。
[ 続きを読む ]