FC2ブログ

往って来いで円高へ

2009年04月29日 07:30

 や-・・・・やっと円高方向へ動きがでいましたね-・・・・・
 先週末まで、凄くびみょ~~~な感じでしたが、今週トストスと動きがでて(笑)。
 って、長かった。本当に長かった・・・・・・
 世間の大半は、円安方向へ向かうと考えていたらしい。
 (なぜなら円買いのポジションが売りより多いから)
 確かに一時期円安方向へ向かってたですけど、途中から動きが往って来いになっちゃって。
 一定幅内で上下運動の繰り返しを、何度みたことか。
 値が円高から円安方向へ戻る度に、もうポジションをクスエア-にしてしまおうかと、何度思ったことか。円安に行くのかと弱気になった時も幾度かあったけど、$円はどうしても102円に届かんので、この上値の重さはいかんともしがたいんじゃねぇかと。まぁ、下値も重かったんですけどね(笑)。
 加えて、米国はBIG3の破産申請処理云々や政府が行っている金融企業の健全性の調査結果とか、ど-せろくな話題にはならんのとちゃうんかと思い、我慢我慢と言い続けてきた甲斐がありました。
 で、今回、ニュ-ネタとして、豚ウイルス登場。
 BIG3とか金融企業の話題、一瞬ぶっ飛んでましたね(笑)。
 当事者の方々には申し訳ないですが、このニュ-スに内心ちょっとラッキ-だと喜んでしまったことを正直に告白します。 
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



一度の撮影で最低4枚

2009年04月26日 07:30

 最近、3つのブログのテンプレ-トを、全部同じものにしてしまいました。
 どのブログも同じテンプレ-トですが、トップに自分が撮影した写真を貼り付けているので、その違い程度の差です。
 そんなわけで、一度の撮影で最低4枚気に入った写真を撮る必要がでてきた。
 いや、別に無理して四枚撮る必要もないんだけど、最低四枚くらいは気に入った写真を撮るように心がけていこうかいな、と。
 でも、ブログが3つなのに、なぜ4枚、とお思いでしょう。
それは台湾のブログの数が入っているからです。日本のブログ3つに台湾のブログが1つ。
ここまで増やすつもりは全くなかったんですが、まぁ、成り行きで。
 
 それにつけても、この4枚撮るのが大変。
 確かに気に入ってはいるけど、超絶気に入っているとなるとよくて枚数2枚程度。
 しかも、縦3枚横1枚で撮れるというわけでもなし。
 横ばっかりの時もあるし、縦ばっかりの時もあるしで、ままならないものです。
 もっとままならないのは、撮った直後は気に入っていたのに、暫く期間を置いてから見ると、
なんじゃこりゃ!
と冷静に見ていけてないと思う時。
めっさ悲しい(笑)。

軍艦島上陸可能

2009年04月25日 21:29

 長崎県にある軍艦島が35年ぶりに一般開放されることになった。
 廃墟ファンにとっては憧れの地で、今まで開放されていないだけに、一度は訪れてみたい場所であったが、今月の22日から一般開放されることになり、当日は約70人が訪れたそうだ。
 写真集でみることしかできなかった軍艦島。
 どんな廃墟っぷりなんだろうか。

軍艦島の上空映像

 周囲1.2Kmと小さい島。
 でも、結構時間かけて楽しめるんじゃないかなぁ。
 個人的には木偶と一緒に行って、廃墟をバックに撮影させて欲しいところです。
 廃墟をちょっとやんわりぼかして入れて、退廃的な感じにするとか。
 廃墟に緑も素敵かも。
 うぉ~~~ドリ-ム、入った、入ったよ。

コンドラシンが指揮するワルツ

2009年04月22日 20:21

 音源ゲットしました。ハチャトゥリアンの組曲【仮面舞踏会】の【ワルツ】です。
 とりあえずソ連出身の有名作曲家の有名な曲を集めたオムニバスCDを買ったのですが、ビンゴでした。
 この音源は、早速ブログに貼り付けてますので、よければ聞いてみてください。
 
 私としては、以前YOU TUBEからぱくってきた演奏よりもコンドラシン指揮の演奏の方が、断然好みです。
 音に強弱があって、盛り上げかたが上手いと想うのです。
 私は、基本的にこういう粘着気質の演奏というのが、とっても好きなのです。
 もう、糸引いとんのとちゃうか、というくらいにねちっこい(笑)。
 これでもか-、これでもか-とくどいくらいにねちっこい。
 このねちっこさが、とても心地よいのです。
 ドラマチックな曲は、粘着気質的な演奏で、一つお願いしたいところです。
 ドラマチックにク-ルさは要らない。
 やはり、盛り上げてなんぼ、って思う訳です。 

 ちなみにこの組曲の【仮面舞踏会】は、戯曲として作曲されたものですが、この戯曲の内容というのが、これまたねちっこそうなものでした。
 妻が仮面舞踏会で腕輪をなくしたことがきっかけとなり夫が嫉妬に駆られて、結局妻を殺してしまうというものだとか。
 この【ワルツ】という曲が、妻が腕輪をなくした仮面舞踏会でのシ-ンに使われたとしたのだと推測しますが、この曲を聴いていると色々と想像を掻き立てられて、これまた楽しいです。
 

 コンドラシンという指揮者は、奇しくもハチャトゥリアンとざっくり同じ年代の生まれ(ハチャトゥリアンが1903年でコンドラシンが1914年生まれ)で、旧ソビエト出身です。彼は1960年にモスクワフィルの常任指揮者となって、この楽団を世界的なレベルに引き上げ、ソ連の名指揮者として国際的名声を確立したとか。
 いや~・・・・・・ロシア人って、ホントねちっこいですね(笑)。
 小澤さんの軽やかな音楽が、なんだか軽薄にさえ感じるくらいに、ねちっこいです。

自宅近所の出来事だった

2009年04月20日 07:30

 数日前に一家無理心中事件があり、旦那さんが生き残ってしまった事件がありましたが、それは自宅から徒歩10分もかからないところが現場です。
 パトカ-や救急車が自宅方面にくる場合、大概自宅横の道を通って来る。なぜかというと、私の家が丁度その方面の入り口付近になるので、更に奥の地域へ向かう場合は通らざる得ないのです。その為、何かあるとすぐにわかるのです。
 事件があった晩、一台どころか立て続けに何台も通過する。救急車が一台単独で動いているのではない。そこで異常な気配を感じて、変だなぁ、事件があったんちゃうか、と家族と話をしてはいたのです。
 正直、驚くことはありませんでした。
 というのも、実はさり気に(さすがに頻繁ではないが)事件は何度かあったからです。
 厚生年金病院の駐車場に放置されていた車から遺体が発見されたこともありましたし。
 驚くより何より、40代の人生半ば過ぎ、まだこれからという人が、追い詰められた結果、最も大切であるはずの家族に手をかけたことが、とても痛ましく思えました。
殺された方も不幸だけど、生き残った方はもっと不幸だと私は思う。それが自業自得の一言で片付けられることかもしれないけど、当人が我に返った時、どんだけ苦しむのだろうと思うと、痛ましい。
 人は追い詰められると、予想外のことをしでかしてしまう時がある。
 たとえそんなつもりがなくても。
 そして、追い詰めた側もそんなつもりがなくても、追い詰めている時がある。
 ほんのちょっとの優しさがあれば、こんなことにならずにすんだかも知れないのに。

仮面舞踏会  by ハチャトゥリアン

2009年04月19日 07:30

 ソヴィエトの巨匠ハチャトゥリアンという人を、最近知りました。
 浅田真央さんがフリ-の音楽で使用していたのです。 
 もう、凄く私の好みの曲です。
 久しぶりにクラシックで、私のストライクゾ-ン登場という気分です。
 これはぜひ音源をゲットしなくては。
 
 

 個人的にワルツといえば、ウインナ-ワルツを思い出します。
 あの軽やかなステップに合わせて、ふわふわと浮かぶように軽やかな音楽を。
 なので、正直言って、ハチャトゥリアンのワルツは、重い・・・・非常に重い・・・と感じました。
[ 続きを読む ]

浅田真央

2009年04月18日 22:30

 初めて浅田真央さんの演技に惹かれました。
 正直、今まで彼女の演技を見て、感動することなど一度もありませんでした。
 見ていて、ちっとも楽しくないのです。
 とても地味だし、表現力にも乏しいし・・・・・という印象しかなかったのです。
 でも、世界フィギュアスケ-ト国別対抗戦でのフリ-の演技を見て、訳も無く目頭が熱くなりました。心にぎゅっときたのです。理屈云々以前に、心にダイレクトにきたというのでしょうか。

浅田真央フリ-演技

 それにつけても、ノッてる人の滑りというのは、一蹴りでの伸びが本当に違うなと思いました。 

500色

2009年04月17日 07:30

 FELISSIMOの色えんぴつ

 豊かな色を見ていると、訳も無く欲しくなります。
 昔は絵を習いに通っていたこともありましたが、今はそういうこともないので、色鉛筆を買ったところですぐに絵を描くというわけでもありません。
 この豊かな色を使って絵が描けたら、もちろん楽しい。
 でも、今はそういうこともないので、ただ色を見ているだけで終わることでしょう。

違いから見る

2009年04月16日 07:30

 北里さんと、よく一緒に外拍に行くのですが、彼女の撮り方は私にはないもので、とても興味をそそられます。
 私は望遠基本で、ボケ重視。
 彼女は広角よりで、クリアな絵が必然的に多くなる。
 レンズの特性もあり、光量の扱いが異なる。
 私はアンダ-よりだけど、北里さんはオ-バ-より。
 北里さんと私の撮り方のスタンスが、全く異なる。
 つまり、彼女と私とでは同じものを見ていても、視界が違うし絵の明るさが違うのです。

 撮り方にしても常に使うレンズが違うから、異なります。
 北里さんは、確か・・・・12~55mmくらいの広角よりレンズを頻繁に使うので、彼女が被写体に近寄っている時は、ホントにアップを撮りたい時です。しかし、使うレンズの特徴から考えて焦点距離は標準よりも広角側の焦点距離で撮っているはずなので、近寄ってもあまりボケることがなく、クリアな(鮮明な)絵になる。私は逆で、被写体と距離を取っている時は、ズ-ムでアップ狙いをしていて、背景を物凄くぼかしたい時です。なので、55mmの標準焦点距離ではなく望遠の135~200mm焦点距離で狙っている場合が多い。
 よしんば同じような距離で被写体を狙っていても、北里さんはかなり広い範囲で絵を切り取っていますが、私はやはりズ-ムを使うので、範囲が狭いです。つまり、被写体の大きさが異なる。まぁ、私の場合、どちらに転んでも、基本的にズ-ム多様の人なので、被写体が必然的に大きくなるわけで、当然その分絵の画角も狭まります。 
[ 続きを読む ]

風邪ひきました

2009年04月15日 21:32

 久しぶりにきっつい風邪ひきました。
 今年は冬も乗り越え、やれやれと思っていたのですが、家族にうつされてしまったのです。
 熱がでて一日半寝て過ごしました。
 24時間、なにもせずに寝て過ごす、という状況に焦がれていましたが、風邪引いた状態でそれが適っても、あんまり嬉しくありません。
 しかも、この歳になると、体力的な問題でずっと寝て過ごすことが意外と難しい。
 熱がでて大量の汗をかくので、パジャマを着替えたくなる。
 どうせなら、一度に熱が出て下がればよいものを、若い頃のようにはいきません。
 小刻みなところが、少々辛いところです。
 なので、寝れなくなると、ふらぁ~っとネットを徘徊するも、すぐに疲れる。
 布団の中で、久しぶりに「天龍八部」6巻を読みながら、うつらうつらしてました。
 段誉が慕容某の従兄弟の王氏に懸想しているところで、
相変わらず天然だなぁ・・・・とか、
段家と慕容家の各侍従4名x2組は、ホント主思いでいい味だしてるよなぁ・・・とか、
思い出すことがありました。

やかましい

2009年04月11日 19:24

 もう絶滅していたと思っていたら、まだしぶとく生息していた、という輩の話。

■その1

 バイクのマフラ-を改造している奴。
 アレ、本当に煩いんですよね。しかも、そいつ、決まってリズムをとってるんだよ。
 もう、えぇっちゅ-の。ふつ-に走れ、ふつ-に。
 

■その2

 ごっついスピ-カ-付けて走るバイクと車。
 なぜ、そこまで大きな音で聞きたいのだ?
 そんなに大きな音だと、外の音が聞こえないだろうに。
 そんなに大きな音で聞きたいなら、イヤフォン付けろ、イヤフォンを。
[ 続きを読む ]

円安局面突入

2009年04月08日 07:30

 4月6日の為替市場は、円安の流れをほぼ確定させるものとなったように思います。
 これというのも3月30日の米国大統領発言で、BIG3のうちの2社に対する判断が先延ばしになったせいかと思っています。

 3社とも救済されることは、まずあり得ないことかと思います。
 そのうちの1社系列の金融企業は、今回のサブプライム問題の発端となった会社です。
 そこは、いくらなんでも潰すであろうと。ってか、潰すのが筋ではないか。
 実際、再生無理なんじゃないと言われているようだし、4月下旬か5月上旬に一回動きがあるのでは、と思うのですが、どうなることやら。
 なぜ市場が現状を見てリスク回避と看做すのか、私には理解できません。
 いや、実は本心はリスク回避なんて思っているのではなく、為替もまた上下運動がないと儲けにならないので、単に口実を作って「儲けの動議付け」をやってるだけなのかと思ったりします。
[ 続きを読む ]

糖分補給

2009年04月05日 21:15

 疲労回復にナニをしてますか?私は糖分補給します。
 糖分補給にナニを食べるかと言うと、チョコとアイス。
 後、家族が買ってくるケ-キだとか、ケ-キだとか、ケ-キだとかで補充します。
 あれ?なんだか随分糖分取っているような気がしてきました。家族がほぼ毎日買ってくるケ-キの類は、私の中で糖分補給カウントにカウントしていませんでした。って、今気付くことじゃないと思うけど、今気付きました。どうりでなかなか腹が引っ込まないわけです。

 それはともかく、一番胃にずっしりきて少量で済むものはといえば、断然チョコレ-トだと思います。もちろんチョコレ-トといっても高級チョコは頻繁に食べてられません。ロッテとか森永などに主に世話になっています。
私は本当にチョコが好きで、いくらでも食べてしまえます。食べ過ぎてぶっ倒れて救急車で運ばれ、もう少しで死ぬトコだった、という芸能人がいることを最近知りましたが、私の臨界点はまだ到達していません。一体いかほどで、私はぶっ倒れるのか解りませんが、一生分のチョコを食べたということも一生なさげな感じで大好きです。  
[ 続きを読む ]

【聖☆おにいさん】3巻 感想

2009年04月03日 07:30

00 manga-sei3

 今回のツボ

・ 眉毛濃い梵天登場。
・ これがまた一流企業出版社のさわやか社員みたく。
・ でもやることは確信犯でえげつなく。
・ ブッダの苦行スイッチのツボをさらっと押し、動かしてしまうのであった。

・ イエスの茨の輪っか、アレ、他にもなにか機能がまだついているのだろうか?
・ ワサビネタはどツボです。

パトリック・チャン、銀メダル獲得

2009年04月01日 07:30

 やりおった、パトリック・チャン!
 世界フィギュアスケ-ト選手権で銀!
 彼のスケ-トは足腰の安定感が抜群。
 かなり足腰を鍛えているんじゃないか。足首の動きなんて、なにあの滑らかさ。
 だから上半身もブレがないのだと思う。
 ワンステップでぐ~~~~んと勢いに乗って伸びる。
 それだけエッジを上手く操れているのだと思う。
 いまどき技術力だけでメダルを取れるのは彼くらいらしい。
 スケ-トを習い始めた時に、わざわざアメリカのその筋の大御所コ-チを訪れ、
 コンパルソニ-を徹底的に特訓したそうだ。
 だからなんだろうなぁ。手堅い!実に手堅いスケ-トをする。
 私は、ああいう安定感のあるスケ-トが好きなんだな。
 その分、豊かな感情表現がいまいちな印象だが、そんなことが気にならない。
 あ、男子の部では、感情表現は気にならないのです。
 ヘタ打つとナルシストっぽくなるし(笑)。
 まだ18歳らしいから、これからが有望だ。
 ちなみに彼の顔は、張学友の若かりし頃にちょっと似ている(笑)。
 そういうところでもツボであった。