FC2ブログ

サンシャイン牧場 その後

2009年10月28日 07:30

■ 作物

・ レベル12に到着。
・ なったはいいが、結局レベル10以上に稼がないといけないわけで。
・ その経験値を消化するのが難儀。
・ もう、花をじゃんじゃん植えていかないと、経験値が上がらないジレンマ。
・ ちまちまやってるとレベルが上がらない、
・ イコ-ル同じものばかり育てるつまらなさに陥る。
・ とはいえ、花を育てるには時間がかかるんだよな~。
・ つまり待ち時間が長い。
・ となれば、収穫がないわけで、存外面白くない。
・ なので、つい作物を植えたくなるんだよ~。


■ 畜産

・ 何が嫌って、退場する状態になった時の鳥の目。
・ あの無気力な虚ろな目!
・ そういうところだけ、みょ~にリアルなのはよしなさい!
・ ゲ-ムなんだから!
・ なので、「もう、働けません」状態になった鳥を発見すると、
・ 無条件でご退場願う俺だ。
・ それにつけても、鳥の増産量、100%いった試がネェな。
・ あれはマメな友人をどれだけ多く持ってるか、ってのがでかいなぁ。
・ あれを100%つけるなんて、すげぇよ。
・ しかし不思議なことに、友人の多さに関係なく亀は100%到達してるって、
・ どういうことだろう(笑)?
・ 作物のように、一度の三匹虫いれるわけじゃないからねぇ。
・ 鳥、どんだけ目を回してんだか。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



京都嵐山方面 by妙心寺、仁和寺、天龍寺、大河内山荘

2009年10月27日 07:30

■ 臨済宗妙心寺(妙心寺派本山)

・ 最寄り駅から徒歩10分程度で北門に到着可能。
・ 24時間、門を開放。
・ なぜなら、敷地がでかいので、近所の方々が敷地を迂回することのないように通り抜けできるようにしている。
・ なので、早朝から近所の住民の皆さんが散歩したり、通勤、通学する道として使っている。
・ 非常に優しい印象を持つ。
・ 大方丈を中心に周囲には庵、院が取り囲むようにある。
・ これが昔の城下町にあるような、萩の町並みのような風情をかもし出し、雰囲気が非常にいいなと思った。
・ ここの三門は境内唯一の朱塗り。
・ 臨済宗の三門が朱色、というのは、珍しいのではないか。
・ ここの三門が一番気に入っている。
・ 朝10時くらいから、修学旅行の学生がどやどやとやってくるが、天龍寺に比べれば人数は少ない。
・ しかも、彼らは主だったところを、ざっくりと見学する。
・ 北から大方丈を南下して主だった門、法堂を見学し、そこから東へ移動して大心院へ行くという感じだ。
・ なので、思ったよりもバッティングはしないですむ。
・ 開山堂が妙心寺の中で、最も神聖とされる場所。
・ だが、一般公開はしていない。
・ 何度でも通いたくなる寺。
[ 続きを読む ]

寒くなって気分がいい

2009年10月26日 07:30

 という顔をしている散歩中の犬たち。
 表情が夏場の暑い頃に比べて、格段に生きがいい。
 朝の散歩は動きたい犬にしてみれば、お楽しみタイム。
 若い犬は体力あるぶん、へっちゃらのようで、
 また飼い主も早朝に散歩に行けば、
 まだ涼しいから割合元気な顔をしていたりするが、
 夏場は暑くて目が弱りきっていたりする。
 散歩したい、でも暑い。辛いなぁ。そんな風な顔をしていたりする。 
 だが、ここんところめっきり寒くなったので、
 そんな矛盾もないせいか、体中がウキウキしている。
 体中で楽しい、楽しい、と言っていて、見ていてこちらも楽しくなる。
 

【哈爾濱詩集・大地の琴】  by 室生犀星

2009年10月25日 07:30

 「私の読書日記」というコラムが週刊文春で掲載されているのだが、タイトルの詩集に興味を持った。
 室生犀星が満州を旅したときのことを随筆、小説、詩にしたものを収めているとのこと。
 紹介者は池澤夏樹。彼は詩が一番いいと言う。そして一遍の詩を紹介していたが、この詩に興味をもった。読んでみたい。

 ~ 人を思へど ~

 われは満州のみやこに
 けふも犬のごとく逍(さまよ)へり。
 琴を弾かんに琴もなく
 絵をものにせんに技もなし。
 人を思えへど
 人は傍(かたへ)にとどまらず。

 本来詩には興味がない。ぶっちゃけ、だから何がいいたいのよ?、と思うことが多かったので。
 だが、漢詩にちょっと興味を持つようになり、詩もいいもんだなぁ、と少し思うようになった。
 彼らの心情が理解できる年頃になった、ということかも知れない。

いいね、ここ   by 蕭中剣

2009年10月24日 07:30

・ 到着時は曇り。それも雨雲っぽい感じでどんよりしていた。
・ 風は比良おろし並みに強風。
・ 薄の穂がばっさばっさと風にたなびく。
・ しかし、蕭中剣はそんなこと一向におかまいなし。
・ すっかりここがお気に入り。
・ 視界が広く、山々の連なりが見える開放的な場所がいいらしい。
・ 隣は金剛山だもんねぇ。
・ 実は外拍にここと決めたら、2人から引きが入った。
・ 蕭中剣と不二刀である。
・ 2人の引きは強く、そのうち蕭中剣が譲ると言い出した。
・ しかし蕭中剣は、気付けば一ヶ月近く外拍にでていない。
・ 不二刀がそれに気付いて、諦めた、という経緯があった。
・ で、曇っていた山頂だが、午後雲がほぼ消え、快晴となる。
・ 青空を見て、気持ちいいねぇと喜んでいた蕭中剣。
・ 千切れ雲を見て、面白がっていた。
・ 強風は変わらずで、私の体がだんだん冷えてきたので、
・ お楽しみのところ悪いけど、私はロッジで暖をとらせてもらう。
・ まじ、寒かった!生姜葛湯が美味しかった!
・ お前はいいよなぁ、寒くてもへっちゃらで、というと、
・ ふっと笑っていた。

平山郁夫の絵

2009年10月23日 07:30

 暫く前に薬師寺に行った際、平山郁夫氏の絵を見た。
 シルクロ-ドの絵が展示されているというので。
 彼の絵は、ぼんやりにじむような色使いと筆遣いをしていて、
 写真のボケのような印象を私に与える。
 そのボケは絵に揺らぐ影となり、重なり合って独特の空間を生み出している。
 その場の空気を伝えるような空気感を伴う。
 私もそういう空気感が伝わるような写真を撮りたい。

 あとこの人の絵は構図を考える上で、非常に参考になる。
 平たく言えば、観光地の絵葉書のような構図に思う。
 観光地の絵葉書のような、というと安っぽく思われるかも知れないが、
 あぁいう構図を自ら探すということは、実はなかなかできないものだ。
 絵葉書一枚で、その場所をイメ-ジさせ、そしてそのイメ-ジを膨らませる。
 何より、そこへ行きたいと思わせる説得力。
 だから、観光地の絵葉書の構図を最初に見つけた人は、凄いと思う。
 そういう魅せる構図を見つけ出す審美眼というのは、半端ないと思う。
 シルクロ-ドの沙漠、パミ-ル高原でのキャラバンの様子、アンコ-ルワット遺跡、
 そして日本の風景。
 どう切り取ればいいのか、とても勉強になる。

 機会があれば、行ってみたい【平山郁夫美術館】

飛ばないつぐみ

2009年10月22日 07:30

 始めて間近でつぐみをみた。
 カメラを構えてそ-っと近寄ると、ヤツもそ-っと逃げる。
 逃げるのだが、他の小鳥とは違って神経質に飛ばない。
 さり気なくてくてく歩いて私との間合いを離していく。
 あまりにもさり気ないので、まさか私に気付いてないのかな、と一瞬思い、歩幅を大きくして間合いを詰めると、ヤツの足取りは駆け足になった。やはり、そこは野鳥。ちゃんと私の位置を確認しているわけだ。ひたすらに小さな歩幅でちょこちょこと動き回る。時には立ち止まって、餌を探すのだが、上手い具合に餌がなかったようで、枯葉や小石を突っついて暇そうにしていた。

 そこに6名くらいの集団がどやどやとやってきた。大きな声で会話しながら来たわけだ。
 つぐみはどう反応するのかと思った。
 今度は飛ぶかもしれないと。
 ヤツは動かないまま声のする方向をじ-っと見ていたが、自分の方に来る気配を感じて、再びてくてくと小走りし始めた。土がむき出しの場所から、枯葉のある草むらへの移動をするのだが、土は薄い茶色なので、保護色にならない。つぐみの羽は焦げ茶で目だってしまう。そこらへんはつぐみも解っているような感じで、自分の羽と同じ色をした草むらへ行くまでの小走りは速かった!俺はみそざいかと思った(それはちょっと言い過ぎました)。
 6名の集団は、つぐみには全く気付いていなかった。
 草むらに到着したつぐみは、悠々と餌探しをしていた。確かに、保護色の葉っぱに騙されて、意識して探さないとつぐみの場所は、すぐにわからん。そうやって毎日やり過ごしながら、餌場で餌を探しているんだなぁ。 

なぜ、ここにいる?

2009年10月21日 19:30

 昨日のことでございます。
 まぁ、始めて行った場所なんですよね。
 最寄り駅の観光案内所でもらった不必要に精密な地図を片手に、てくてくあるいた。この地図、土地管理用には向いてるのだろうが、肝心のポイント箇所が全く書かれていない。いや、観光用なので、観光地は書かれているのだが、目印は主要道路とそれくらい。例えばセブンイレブンや企業名などが書かれていないので、非常にポイントが解りにくいわけだ。
 大体、山頂へ行くロ-プウェイまでは40分~1時間くらいかかるだろう、という話であった。なのに、私は、確かに山に近づいてはいるが、山裾にまで到着していないではないか。
 これはどう考えてもおかしい。
 駅から30分ほど歩いたが、いい加減、山裾を登っていてもいいはず。
 ちょっと大き目の交差点に書かれている標識と地図を見比べた。

 はぁっ?!
 自分が思っていた方向とは全く違う場所にいる自分!

 一体、私はいつの間に、
 こんなところにワ-プしたのだ?!

[ 続きを読む ]

【ガラスの艦隊】 感想

2009年10月20日 07:30

  アニメの中国語だと、熱心に中文チェックをするのに、時事問題ネタになるとその熱意も薄らぐのは、時事問題ネタが面白くないからなんだろ-な-と思ったこの頃。


 解りやすい内容で、あんまり考えなくてすむという点では見てて楽だった。
 肝心の謎解きにインパクトがない!
 全24話のうち、20話くらいから急に話をまきだした、という印象で、徐々に盛り上げる緊張感に欠けている。緊張感に欠けるので、キャラの動きもいま一つになる。ラストに向けての話のもっていきかたに、もうちょっと工夫があってよかったんじゃないかと思う。

やはり盛り上がりは、ドラマティックじゃないと!

なので、盛り上がり方としては、【LAST EXILE】の方が手に汗握るような緊張感と躍動感があり、感動は大きかった。最近の作品だと【LAST EXILE】と【エウレカセブン】を越えるものがない。
  それにつけても、やはり私は健全な精神のものが好きだ。
  哀しい人の話は惹かれるけれども、辛くなる。 
[ 続きを読む ]

サンシャイン牧場、レベル10達成

2009年10月19日 07:30

したのは、16日は金曜日。
 これもサポ-トして頂いた、皆さんのおかげ。

 あ”~・・・・レベル9・・・・ながかっった----・・・・

 早くこの状況から脱出したいがために、幾度もサンシャイン牧場に行く俺。
 
 変わらねぇっちゅ-の!!
 実る時は決まっとるのだ!

 で、念願叶い、既に購入済みの鶏の雛を畜産で放とうとしたら・・・・・
 
 いた・・・・・・いたよ・・・・・・
 既に寿命一歩寸前の鶏が三羽ほど・・・・・・
 やだねぇ~~~~あ-、やだやだ。
 最初のスタ-トくらい初々しく雛を放したいのに。
 これで、俺のやる気はポッキリ折れて、潮時だなと思った。
 これからは、もう、適当にやります。 

京都伏見方面 by城南宮、伏見稲荷、東福寺、泉涌寺

2009年10月18日 07:30

■ 城南宮

・ 最寄り駅から徒歩20分。
・ 敷地は、広い方だと思うのだが、庭は大きく二分されている。
・ 梅が有名。
・ 参拝客、非情に多く、見学する道がふさがりやすくなる。
・ 梅の庭は小さく、小学校のプ-ルの敷地くらいの感じ。
・ 有名な場所なので、個人・団体での参拝客、半端ななく多い。
・ なので、道も小さく渋滞しやすい。
・ 人が多くなると、三脚禁止の看板が登場する。
・ しかし、渋滞をおこしたり等、宮や参拝客の迷惑にならなければ、関係者は大らか。
・ 梅林の奥(裏側)に苔むした庭園があり、ここで曲水の宴をする。
・ 写真で見た印象より狭い。
・ 残念ながら、庭を横断する小道がないので、入れない。
・ 枯山水はいまひとつ。
・ 残り一つは、桜と藤が綺麗だろうな、と。
[ 続きを読む ]

朝日が昇る

2009年10月17日 07:30

 大体5時半くらいから陽が上り始める。
 この頃の空は、透明感があって綺麗ですね。
 真紅とオレンジが交わったり、紫色と交わったりする。
 なんであんなに感動するもんなんでしょうね、日の出で。
 どこか神々しさを感じさせるところがあって、活きるパワ-にみなぎっている気がする。
 そこらへんかな。

 最近、外拍に出かける時、始発電車に乗るので、日の出を見ることが多いです。
 でも、陽が昇っている時に移動しているので、
 日の出で撮影できないところが切ない。
 家の近所の田んぼで周囲の住宅地を写りこまないように下から見上げる形で撮影したら、日の出も可能だな、って思う。
 思うけど、家の近所でそれをやる勇気がないわ。
 

【梟覇】  by 柳残陽

2009年10月16日 07:30

 再読。
 一年に一度は、必ず読む小説。
 江湖の北部6省を束ね、江湖では知らぬ者はなく、
 冷徹な人物と恐れられてるヤクザ家業の親玉、燕鉄衣の話。
 珍しく主役がかなり気に入っている作品。
 とはいえ、時々思い出したように登場する脇役も魅力的なのだが。

 燕鉄衣のナニがいいかというと、書生気質にありがちな優柔不断さがないところ。
 そして、本人としては望むことでなかったとしても、仲間のためなら何をしようが厭わないところ。
 とはいえ、先ずはちゃんと筋を通そうとする。
 そういう風に道理をわきまえて事を運ぼうとするので、物事の解る人間であれば、敵であろうと燕鉄衣を怨まないところが、これまた憎いところです。
 それでも相手が理不尽なことをするようであれば、血の雨降っても厭わない。
 徹底的にやるんでしょうね。だから冷徹といわれる。
 そういう点では、やはり【書剣恩仇録】の陳家洛は、大嫌いですね。
 陳家洛はかっこつけすぎ。奇麗事、言いすぎ。
 そしてその優柔不断さで周囲を惑わし、取り返しのつかないことになる。
[ 続きを読む ]

サンシャイン牧場、レベル10はもう少し

2009年10月14日 19:30

のはず。
 結局7日間でレベル2上げた。しかも、やっとこさ。
 で、現在レベル9。
 経験値をみてみる。
 不足分3100ほど。って~ことは、あと、21000ポイントくらい稼げってこと?!
 カラタネオガダマ10回開花させろっつ-ことですよね、コレ!?
 うへぇ~~~~~~もう、いいって。
 でも、やる!
 既に購入済の鶏の雛を畜産広場で放すのだ!!

 で、噂の畜産広場。
 ひよこが可愛いらしいですねぇ・・・・・・<遠い目
 そのひよこの愛くるしさに再びのめり込んだらどうしようか、
 と思ったりもするけど、たぶん、もう、作物ほどがんばらないかと。
 猪突猛進タイプなので、ダダダ----っとやるが、
 すぐに電池が切れて燃え尽きる。
 現在、私の電池もほぼ切れかけている。
 畜産広場到着時には燃え尽きていると思われる。

 とにかく、レベル10まで3日、安全圏で4日かと思われるが、
 それまでなんとか電池切れをおこさずにいたいもの。

かなり久しぶりに外出した傲笑

2009年10月13日 07:30

・ ちょこちょこ木偶バックからだしてはいたのだが・・・・
・ そんときゃ、ご機嫌でニコニコ笑っていた。
・ が、今回木偶バックからだしてみたら、傲笑の人相が悪くなってた!?
・ ひぃぃぃぃ~怒ってる、物凄く怒ってる!
・ そりゃ、怒るか、怒るよなぁ・・・・スミマセン
・ 公園でぷらぷら散策しているうちに機嫌がなおった。
・ 粘着気質で、ネチネチ愚痴を言い出したらどうしようかと思ったが、
・ そんなことにならずにすんで、ラッキ~
・ でも傲笑だから、油断大敵。
[ 続きを読む ]

催促

2009年10月12日 07:30

 こんな夢をみた。
 自分の部屋。
 一蓮托生が我が家にやってきた。
 襲滅と蓮華それぞれが一蓮托生の片手をとり、
 よくきたなぁ、よくきたなぁと口々にいい、体中が喜びに満ちていて、
 それはそれは嬉しそうだった。
 なぜか私はこれが夢であることを認識していた。
 私は襲滅と蓮華の後ろ側にいて、椅子に座っていた。
 3人の様子をみた私は、
 あぁ、本当に合いたいんだ。
 そして2人は来て欲しいんだ、と思った。
 すると、襲滅が突然くるりと私の方に振り返っていった。
 「そうだ。きさま、早く呼べ!」
 そんなことを言われるとは思わず、思わずたじろいだ私が、
 「いや、服がまだ決まってないし・・・・・」
 と弁解したら、
 「適当」
 ときっぱり一言いった。
 つまり、襲滅としては、服はなんでもいいから適当に決めて、とっとと呼んでしまえということらしい。
 「そりゃ、君はデザインチ-ムがきっちりしっかり衣装決めたかっこいい服だからいいけど、一連托生は私が決めなくて誰が決めるというのよ。」
 と言い返したら、
 「やかましい」
 と話を折りたたむような返事が返ってきた。
 そして、そこで私は目が覚めた。

サンシャイン牧場 レベル10は遠かった

2009年10月11日 07:30

 このままではネット廃人になってしまう、マジで。
 というくらいに入れ込んでいる私です。
 マズイ、非常にマズイ。
 しかるに、一日でも早くレベル10に到着しなくては、と自分ではかなり巻いているつもりなのだが、7日間でレベル10という目標設定がそもそもマズイもんだったということに6日目に気付く。
 7日間でレベル1上げるくらい。
 レベル2上がれば御の字。
 レベルアップするたびに、ハ-ドルがむちゃくちゃ高くなっていく気がするのは、けして気のせいではない。どんだけ育てればいいのよ。ちまちまやってたのでは埒があかない。
 でもなぁ・・・・・・・・一日に2回か3回くらい収穫しなくちゃ面白くない。
 でも、そんな風だと、7日間でレベル10なんて、かなり遠い・・・・・・・
 悩ましいところ。

[ 続きを読む ]

曇で開放 & 構図

2009年10月10日 07:30

・ 望遠レンズだと、大体70~85(x1.5換算必要)mmくらいの焦点距離で、標準レンズ35mmくらいのボケの表現が可能という印象。
・ 被写体との距離は、35mmの約2倍くらいが目安。
・ やんわりとしたボケが好きなのだわ。
・ なので、やんわりボケさせることに執着した撮影日。
・ 太陽は雲に覆われた曇。光量足りないくらい。
・ それを開放で撮影すると、ボケがかなりやんわり。
・ こういう日は被写体にベスト。
・ おまけにボケがとっても優しい。
・ このくらいの曇だと、開放にして撮ってもボケが優しいんだなぁ。
・ 開放なので、色が淡く薄い。
・ しかし、コスモスの茎と葉の緑は、開放の時の色合いは個人的には嫌い。
・ ただ、ここまで光量が少ないと、たとえ開放にしても、透明感には欠ける。
[ 続きを読む ]

和菓子「老松」 & 「花畑牧場」のキャラメル

2009年10月09日 07:30

■ 「老松」

・ 寒天で作ったものが有名なんだね、この店。
・ で、梅酒羹と柑橘系の果物の羹を購入。
・ 梅酒の方はアルコ-ルが入ってないのだけど、アルコ-ルが入っているような錯覚を起こす。
・ 梅酒の風味をだすために、そうしているんだろうけど。
・ 味はかなり甘い。
・ 寒天、本来の硬さはあんなもんなのだろう。
・ しかし、昨今、なんでもやわやわになってきて、それに慣れてきたせいか硬く感じる。
・ 感動する美味しさか、と問われれば・・あんまり~。
・ 案外普通。
・ 気になった葛きり、寒天がこうだと、葛きりも硬そうだなぁ~。
[ 続きを読む ]

だからそれを気にしなくていい by不二刀

2009年10月08日 07:30

「 外出時などで俺が怪我をしたり、また病気になったとしても、
  それは君たち人間と同じこと。
  そりゃ、まぁ、ザッパ-な性格が本領を発揮して、
  君が俺を派手に倒した二度目の時は、流石にそれはどうかと思った。
  俺はあの時、確かに怒った。 
  君は俺が怪我をした時、自分にできる限りのベストを尽くそうとしてくれるし、
  実際にしてくれている。
  例え、怪我や病気で入院することになって、
  俺の顔が変わったとしても、
  俺が俺であることに変わりはない。
  そうだろう?
  だから、君は俺が怪我や病気になることを恐れなくてもいい。
  俺は一緒に外にでかけて自然を楽しむのがとても好きなんだ。
  とても楽しくて幸せなんだよ。
こういうことは、全て俺が活きた証なんだよ。
  だから、君はそれを気にしなくてもいい。 」
[ 続きを読む ]

MIXIのアプリ

2009年10月07日 07:30

「サンシャイン牧場」
 
 本気でやってます。マジです。
 もうねぇ、マメにやらないと成長がおぼつかないですよね、アレ。
 今の目標は、農場のランクを10にもって行きたい。
 とにかく一日でも早く10に達成したい。
 畜産広場で、既に購入した雛を放したら、もう、それでイイです。
 後は適当にやります。
 思えばランク6くらいの頃が一番面白かったかなぁ。
 今、やっとこさランク7に入ったところですが、ランクが高くなればなるほど作物や花を育てる時間が長い。つまり待ち時間が長くなるので、面白さが半減する気分。その分、作物の値段もアップするので収穫が楽しみと思えばいいのだろうけど、育てる過程のちまちまさに欠けるな。
 虫を投入すると、生産率がアップするのはいいのだけど、苗の段階で生産率100%って、どうなのよ。虫は、開花してる最中に100%に持っていくのが面白いと思うのだけど。
最初は作物などがどんな状況下でも100%になってたら虫をつけるのは悪いかなぁ、と思ったりもしたが、すぐに虫を入れることにした。
 最終段階の成熟している時に虫は入れないけど、花が咲く手前の状況なら、逆境も面白いんじゃないか、と勝手に判断しているので、そこんところはひとつ、宜しく。
[ 続きを読む ]

贈り物

2009年10月05日 07:30

 木偶と一緒に写真を撮り始めてからというもの、
 万博では写友ができ、その写友が撮った木偶の写真を頂いたり、
 見知らぬ方から写真をお送り頂いたりした。
 その写真が、少しずつ溜まってきた。
 そろそろ、アルバムとして整理しようかと思う。
 嬉しいなと思うのは、皆さんが気持ちを込めて撮って頂いていること。
 大切な宝物です。

 で、本日は、友人から襲滅の写真をステッカ-にしたものを頂戴した。
 彼は自分のギタ-に貼っていると。
 これもアルバムに入れよう。

現在(いま)を生きる想像力

2009年10月04日 07:30

 最近、【ゲド戦記】を再読している。
 外伝では、著者がまえがきを寄せている。
 そのまえがきに興味深いこと、また共感できることが書いてあった。

 「想像力は、他のあらゆる生命体と同じように現在(いま)を生きる。
 それは本当の変化とともに生き、本当の変化に基づいて生き、本当の変化から養分をもらって生きるということである。」
 
 木偶と私の生活も、言ってみれば想像力の世界だ。
 私としては、確かに彼らには魂があると感じてはいるけれども、こういうことなのだと思った。

5kg痩せた

2009年10月03日 07:30

 元々自己ベスト体重は、48kg。
 しかし、数年前の不摂生で、7kg体重が増えた。
 つまり、55kgになったわけだ。
 慌てた私は2kg痩せて53kgになったわけだが、新陳代謝が悪いのか、
 そっから一向に痩せることができなかった。
 が、多忙に加えて睡眠不足の状態が続いた。
 慢性的に睡眠不足になると、もう、睡眠が食欲に勝るんだなぁ・・・・・
 以前、睡眠と食欲の両方が拮抗してた時、
 食いながら寝ていたという子供みたいな状態になったことがあったけど。
 食べることより睡眠をとったら、2~3日で5kg痩せてた。
 それにつけても・・・・・・
 確かにズボンのウエスト部分がだぶだぶになったけれども、
 腹回りのだぶつきが気持ち減った程度ってのは、どうなんだろう?
 もっと劇的に減ったという実感がわかないのよね。
 5kg程度じゃ、こんなもんかとも思うけど、
 贅肉が腹回り中心に落ちるというより、
 各部位からちょっとづつ落ちたという感じ。
 どうせ落ちるなら、腹回りだけでいいのに。

MIXIのアプリ

2009年10月02日 07:30

というわけで、酔いがまだちょっと醒めないので、ブログを書く、と。ごくごくごく。

【サンシャイン牧場】
 ゲ-ムだけは、しまいと思っておったのに・・・・
 過去に二度ほどゲ-ムをやって、気付いたら朝になり外で雀がちゅんちゅん鳴いていた、ということがあってからというもの、のめりこんだらとことんやってしまう己が怖くてゲ-ムの類はしないことにしていた。
 元々、何かを育てるという行為は好きで、案の定、嵌まった。
 今でもだが、どうも勝手が解らず、水遣りをしてみれば「水、必要なし」と言われ、肥料をやれば「土壌豐につき、これ以上肥料は不要」と言われる。収穫しようと思ってクリックしたら、土を掘り返して枯らしてしまった。アホか。他人様のところに害虫をどっちゃり放り投げ、後からその害虫を駆除しようと思ったら、「自分が放った害虫は駆除できん」といわれる始末。
むぅ~・・・・・これじゃ、性悪でオワットルな、と思いもするけど、まぁ、誰かが駆除するだろう・・・・合掌、ってな感じだ。
[ 続きを読む ]

久しぶりにヨッパライダ-

2009年10月01日 07:30

 台北在住の友人が、一時帰国するというので、馴染みの中華ポップス仲間が久しぶりに集合した。
で、串カツをほおばりながら、可愛くウメチュ-ハイを3杯飲んだだけなのに・・・・・
 次の場所ということで移動した今風の喫茶店に到着するないなや、ぐらっと脳天に酔いがきた。

 やばいな~、と経験上思うところがあったので、急遽トイレに駆け込んだのだが、個室に入った瞬間、へたりこんでしまって立ち上がれなくなった。
 ぐるんぐるん回る脳みそ。意識は朦朧となり、何も考えられないが、まずい、超マズイということだけが繰り返し脳内で木霊していた。そのうち、脂汗がだらだらと顔から出始めたので、益々超絶マズイ~~~~俺、本気でヤバイ~~~~、という状況になった。もう、こりゃ、いっそ胃の中のものを吐き出して、スッキリしたほうがいいのかな、と思いもしたが、結局踏ん張って事なきを得た。
 午前様で帰宅したのだが、体内のアルコ-ルを抜くために、ただ今1Lサイズのお茶をがぶ飲みしているところ。
 でも、一気飲みもできないしで、ブログ書いてます。
 楽しい仲間とワイワイやると、滅多に飲まなくなって弱くなっている自分を、うっかり忘れちゃうのだよな~。  

梨といえば

2009年10月01日 07:30

 20世紀。
 やっぱ私は、20世紀が一番好きだなぁ~。
 小さい頃から馴染みがあるし。
 果汁もたっぷりで、暑い日には喉が潤う。
 実はほどよく硬くてシャキシャキしてて、甘くて美味しい。
 ふにゃふにゃして歯ごたえのない実は、好きじゃない。
 今、ダンボ-ル一箱分の梨が、あと10数個に減ってきた。
 まだあるわ~。
 と思ってぼんやりしていると食いっぱぐれるので、
 今回は割合マメに食べている。