FC2ブログ

ディズニ-アニメ【カ-ルじいさんと空飛ぶ家】 感想

2009年12月30日 07:30

 -して私は人が飛ぶと心惹かれるんだろ-か。ティム・バ-トン監督【ジャイアント・ピ-チ】では、題名とおりでっかい桃が空飛んだ。あれもアニメ。【メアリ-・ポピンズ】が傘で空を飛んでいたけど、あれがどれほど羨ましかったか!小さい私は、台風が上陸した時、傘を広げてジャンプしてみたが、あそこまで飛ぶことはできなかった。ただびしょぬれになり、母に叱られただけである。悔しかった。そういえば次作のティンカ-・ベルは、背中に羽が生えている。大きくなり分別がついてくると、あんなちっちゃな羽で、飛べるわけネェだろ、と突っ込んでいる自分に気付き、あ-やだ、やだ、と思った。

 さて、今回は、題名のとおり、主人公の家が飛ぶのである。
 前半三分の一が主人公カ-ルじいさんの今までの人生。ぶっちゃけ、カ-ルじいさんがなぜその家を大切にするか、なぜ冒険をする必要があるのか、という説明。まぁ、前振りが長いです。
中盤三分の一は、冒険。腰痛もちで、杖がないと歩けないじいさんが、どんどん元気になっていく。人間、体を甘やかしてはいかん、という話。いや、嘘ですけど。
後半三分の一は、実は・・・・という大どんでん返しが入りながらファイナルに向かう。
 
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



【最高の人生の見つけ方】 感想

2009年12月29日 07:30

うすぐ死ぬんだ、という現実に突き当たった時、私ならどうするだろう。以前、と言っても20代の頃の話だが、当時の私はもし病気で数ヶ月、数年などという短いタ-ムで死を迎えることになるなら、告知して欲しいと思っていた。残りの人生を悔いなく過ごしたいと思ったからである。告知されても冷静に現実を受け入れ向かい合うことができる、と考えていた。しかし、今の私は違う。告知など望まない。たぶん、自分でもどうなるかその時にならないとわからないというのが本音だけども、告知されたら動揺して荒んでしまうに違いない。表面上は平気な顔をしたとしても。私は、それを恐れる。


 この作品は、余命半年と告知された二人の男が、死ぬまでに遣り残したと思うことを実現するために、冒険をする話である。偶然病院で同室になった初老の男二人。一人は妻の妊娠が原因で大学進学を志半ばで諦め車の整備工になった黒人。モ-ガ-・フリ-ガン演じる、名はカ-タ-。もう一人は12歳の頃から働き、現在は全米でも指折りの富豪となった白人。ジャック・ニコルソン演じるエドワ-ド。通常、このような生活レベルの違う人間が、出会うことは先ずあり得ない話。だが、同室で二人過ごすうちに、ちょっとづつ気心が知れ、互いの弱みを知るに付け合い通じるものがあって意気投合。遣り残したことをやっちゃおうぜ、ということで冒険にでるわけだ。
 なに、金の心配ならいらねぇ。
ジャック・ニコルソン演じるエドワ-ドは一代で10億ドルを稼いだ男。専用ジェットで地球なんてひとっ飛び。
南米、欧州、中国、チベットとまぁ、世界を文字通り旅するわけなのだが。
[ 続きを読む ]

【満城尽帯黄金甲/邦題:王妃の紋章】 感想

2009年12月28日 19:30

ぶりに見た張芸謀監督作品。
 今回の作品は、原作が劇作家曹禺の【雷雨】と聴いて、かなり期待していた。
 曹禺という人は、中国現代を代表する劇作家の一人で1930年代あたりに活躍していた人である。中国人で知らない人はいないというくらいに著名な作家で、日本でいうところの川端康成を知らない日本人はいねぇだろ、というに等しい。最近の若い世代は、知らないかもしれないが。代表作には【雷雨】の他に【日の出】、【原野】と【北京人】などがある。実際に【雷雨】は、張芸謀と同期の李小紅監督が映画化、ドラマ化しているし、彼女以前にも映画化されている(確か趙丹の親友の孫道臨が監督したんじゃなかったかな-)。
私は一番最初に映画化された【雷雨】を見ていたので、今回のネタは、結構ドロドロのネトネトなんだろうな-と思っていた。
案の定、ドロドロのネトネトだった。
 
[ 続きを読む ]

それって! パソコン退院

2009年12月26日 07:30

 当初、長くとも二週間くらいで治療すると思われていた我がパソコン。
 しかし、部品がすぐに手に入らないという理由で、これが大幅に遅れることになった。
 結局、なんとかがんばりまして25日に部品が届きます(姫路工場にだが)、という話になった。
 28日で託送業務が終了するので、微妙な感じになったなぁと思われた。
 一回目の修理報告では電源ユニットがダメだという話で、二度目にはこれにマザ-ボ-ドもいかれてたという話が加わった。私はHDDに不具合が生じている恐れがあることを心配していたので、当然HDDについて訊ねた。しかし、それは問題ないということだった。
 でも、過去にそういいながらも実は・・・・ということがあったので、再度ねばって調べるように頼んだ。
 そしたら機動はするけど、やはり一部まずいところがあることがわかった。
 私、思うんですけど、なぜ一度の点検で、きっちりやらない!
 パソコンの機動ボタンをポチっと押して、あぁ、動くわ、みたいな点検をやってんのか?!
というようなことを想像させられることが嫌。
 新商品の購入も考えたが、購入部門の若造が気の利かん奴で、マニュアル通りにしか動けないタイプ。
 それに加えて富士通のせこさを感じ、益々嫌になってしまって、HDDの修理は今回なしで、それ以外を修理して返してもらうことにした。
[ 続きを読む ]

この青い星で

2009年12月25日 07:30

ニコンサロンに行った。
 我が愛機ニッコ-ル君のロ-パスフィルタ-がかなり埃まみれになっていたので、掃除してもらいにサ-ビスセンタ-まで行ったのだ。
 そのサ-ビスセンタ-には写真展示場が二箇所あり、展示されていた写真が私の好みだった。
 写真家菅洋志(菅洋志公式サイト)という人の写真展をみた。
盲学校に通う小学生くらいの子供たちが、森を楽しむ様子を撮ったもの。

場所はC.W.ニコルさんの広大な森。
元気で豊かな森を、目でみることはできない。
代わりに手で触れ、匂いを嗅いで、体全体で感じて興奮し、はしゃぐ声が聴こえてくるような写真だった。
たぶん、いや、きっと今の私より、あの子供たちの方がニコルさんの森と会話することができるだろうと思う。
[ 続きを読む ]

凄い人達 

2009年12月24日 07:30

 NHK【プロフェッショナル】という番組で、山口市郊外にあるリバヒリ施設の作業療法士藤原茂氏の話を放送していた。患者さんは皆、脳卒中で身体が不自由になった人達ばかりである。
病状の程度は個人さまざまだが、ここの施設の患者さんは皆笑顔が素敵で、病人とは思えないのが印象的だ。
 ここのリハビリ施設は全国から視察が殺到しているが、その理由は全国的にも患者の回復率が圧倒的に高いことにある。たしか、80%くらいだったかと思う。よく覚えていない。
 ここのリハビリ施設の特徴は、バリア・アリーであること。
 バリア・フリーではない。
 高いところに手を伸ばす。
 しゃがんで低いところにある紙をめくる。
 階段を上り歩いてプールに向かう。
 廊下には10mごとに丁目の看板が張ってあるので、自分がどれだけ歩いたか、すぐにわかる。
 プールを利用するにはお金がいる。
 この施設の通貨が必要なのだが、それをゲームで稼ぐ。
 おいちょかぶ、ルーレットなど、楽しく遊んで、皆でわいわい騒ぐ。
 花札を捲る。スイッチを押す。玉を升目に入るように投げる。
 楽しみながら、いつの間にか体を動かしてリハビリしているわけだ。
[ 続きを読む ]

人が多いのは、嫌 by蓮華

2009年12月22日 07:30

・ 今回、初手から気合い入っていた蓮華。
・ 超絶有名な寺だし。
・ なんか一人慌てるというか焦っている感じで、アイコンタクトしてくるなと思っていると。
・ 早朝に説法が行われるのだが、
・お堂から漏れ聴こえる話が気になったらしい。
・ そっと聴かせてみると、ご満悦。
・暫く気合い入っていた。
・ 前回、帰宅後の表情が今一つ物足りない感じだったけど、
・ 今回は非常に楽しんだ様子。
・ 全般表情が柔らかく、割合に素の部分がでてきたように思った。
・ 人が多いと寛げないらしい。
・ 次回もこんな感じで宜しく、と言われた気がした。
・ 風のない冬の日溜まり。
・ 青い空。
・ 土の香り。
・ 蓮華の気に入り。

寒すぎ

2009年12月21日 07:30

暖房入れてもなかなか暖まらない部屋って、ど~なのよ、な毎日。
布団からでるのが辛いぜ。しかしだなぁ~。
寒くならないと雪が降らない訳で。
今年は幾度雪が降るのかなぁ。
どのくらい積もるのかなぁ。
最低二回は行きたいところ。
あ、三回か。

パソコンのその後

2009年12月20日 07:30

・ 電源ユニットの部品がいかれていただけでなく、マザーボードもいかれてたと。
・ だめだめじゃ~~~ん。
・ で、新しいパソコンの購入も考えてみたが、たぶん、修理して終わる予定。
・ 今のパソコン内ソフトがWindows7であること。
・ 富士通の今期製品が、中途半端な印象を受けたこと。
・ HDDがいかれてなかったこと。
・ から、新製品購入は見送ることになるかと。
・ ソフトもハードも両方中途半端で魅力的でないって、終わっているだろ!
・ Windowsなんて、この企業そのものが嫌い。
・ もう、日本企業が開発すればいいのに。
・ 本国のアメリカ人でマイクロソフト製品使っている人は、全体の二割だっつー話。
・ 本国で愛されない製品を、なぜ外国人が使わなければならぬのか。
・ あぁ、アホくさい。
・ 日本の技術力なら、ちょろいと思うのだけど。
・ だけど、もうすぐ私のパソコンが廃棄種になるので、今回の修理が最後になるハズ。
・ そんな機種なんで、ま~部品が直ぐに見つかんないってサー。
・ 海外工場まで問い合わせてんのかっつ~くらいに遅い。
[ 続きを読む ]

使いづらい

2009年12月19日 07:30

 私のパソコンが壊れてから家人のパソコンを使うが、
 なんせ自分のものではないので、ぶっちゃけ不便です。
 画面の発色が違う。
 同じメーカーなのだが、たぶん発色の仕方が違う。
 私は画面を映画モードにし、画面の明るさは比較的アンダーぎみにしてたのだが、
 ノートの方は色合いがちょっとどぎついような気がする。
 でも自分のじゃないからねぇ。
 勝手に変えるわけにもいかねぇし。
 私の方は17インチワイド画面だから、ノートの画面が小さく見づらい。
 フォトショもないから画像修正だってできねぇ。
 しかし、とりあえず不満があるが、写真選別だけはやっている。
 もちろんSDカードから写真情報は撮った日にポータブルHDDに突っ込んでいるが。
 今回、パソコン壊れて不幸中の幸いだったのが、
 なんとか写真ファイルだけは全てポータブルHDDに移行できたこと。
 なにはなくとも写真だけは失いたくない。

サンシャイン牧場 

2009年12月18日 07:30

・ 牧場レベル19、畜産レベル17。
・ 畜産はレベルアップが遅いが、仕方ないか。
・ トータル地位レベル36。
・ どういう計算で地位レベルが算出されるのか、考えてないが。
・ 先週、ちんたらしてたら一週間でレベル1アップできるか怪しくなり、
・ 後半まくってなんとかアップできたが焦った。
・ というトンマな出来事を踏まえて、今週は出だしからシャキシャキやってます。
・ 花を植えているので、コインは貯まる。
・ しかしだなぁ。使い道がたいしてないんだよね。
・ 穴を掘るにしたってレベルに到達してねぇし。
・ レベル24まで穴掘れないって、どーゆーことよ。
・ レベル24になったら、もう、ゲームだってほぼ終わりじゃん!
・ 花の購入だって、しれてるし?
・ ガーディアンの餌はコインじゃないからかえねぇし。
・ どっかのアプリみたく、牧草買って友達の牧場の牧草をせっせと植えるってこともねぇし。
・ 思えば、花の種類をコンプリートした時点で、このアプリの魅力は終わっている。
・ いや、それ以前から飽きはきているが。 
[ 続きを読む ]

どうして転がってないのかしら?

2009年12月17日 07:30

 野良猫はごろごろしているっつーのに。
 野良犬自体、見なくなって久しい。
 そういえば、野良犬が子犬を産む空き地も少なくなってきたし。
 野良猫の半分くらいでいいから、野良犬子犬産んでくれないかな~・・・
 と無責任なことを思ったり。
 
 もう、犬、犬が足りない!
 ゲームの犬なんて、所詮機械。
 あ~~~つまんねぇ~~~~
 でも、とりあえず寝ている姿を放置しているが、
 肩で息をする姿が、なんとなく初代に似ていなくもない。
 林真理子がペットショップで売れ残って大きくなった子犬を買い取り、
 友人に譲り渡すということをやっている。
 本人は、すでに小型犬を飼っているので、これ以上飼えない。
 だから、友人に確認を取って譲るわけだ。

 血統書の犬じゃなくて、いいんです。
 のらでいいの、のらで。
 初代の犬はとても凛々しくて男らしい犬で、あれが男だったら俺は惚れてたよ。
 二代目は甘えん坊で、とにかく家族と一緒に混じっていなければ嫌だった。
 でも、いざとなれば家族のために向かっていくところがあったし、
 愛嬌のある犬だった。
 のだめじゃないけど、犬の匂い嗅ぎたい。
 犬のふかふかの毛に触りたい。
 特に耳の後ろの部分が柔らかくて好き。
 ほっぺたの肉のたるみも好き。
 腹とか肩をなでるのだって、いくらでもする!、というのは、今だけだろうが。

【電線マン音頭】 by伊東四郎&小松政夫

2009年12月16日 07:30

 私がまだ世間ずれしていなくて、素直で可愛い頃。
 コメディアンの類は、ドリフターズであった。
 【ドリフターズの8時だよ、全員集合】に食いついていた。
 が、実は、本当の一番は、伊東四郎と小松政夫のコンビでやっていた番組。
 あーこのくだらなさ!サイコー。
 もう、ある動揺をほぼほぼパクッテいるが、そんなのぜんぜん問題ねぇ。
 もう、番組名さえ思い出せないが、私はこの頃から伊東四郎と小松政夫が大好きだ。

[ 続きを読む ]

【大奥】 5巻 感想

2009年12月15日 07:30

何時出たのか定かではないが、本屋に置いてあった。

もちろん、即買い。

同じテーマが面々と繰り返されるように思う。

将軍は日本一の権力を持っていて、好き勝手にできるものだが、実際のところプライベートは存在しないというジレンマ。

どんなに政治に尽力したところで、跡継ぎができなければ無意味である。

この世界は、男女の立場及び役割が逆転している。

なので、金のない貧乏公家の男子は、家計を支える為に、金のある貴族の子女に実を売らねばならない。

そんな男が大奥というごくごく狭い世界に入り言うのだ。

「あの頃に比べて、なんと自由なことか!」

 徳川家将軍もその大奥で働く部下も、魂の自由を求めて足掻きもがいている。 

 活きるとは、そういう一面も持ち合わせている。
 しかし、本当のところ、自由がどうとか言えるのは、恵まれているのかもしれない。

 そして、後者は足りることを知っている。

キャラの経験と俺個人の経験 by 不二刀

2009年12月14日 07:30

 不二刀再び琵琶湖へ。
 琵琶湖で夕日を見ようということになったので。
 神社仏閣でも割合よい表情をするなぁ・・・・思ったより、と感じていたが、琵琶湖の自然は圧倒的に彼の気に入りスポットのようで、もう、彼のスイッチの入り具合というか、食いつき方が完全に違う。
どこをどう見せても、体中から「嬉しい」や「楽しい」オーラが溢れ出ていた。犬が散歩に連れて行ってもらえると思った瞬間の、美味しいおやつが貰えると感じた瞬間の尻尾の振り方。あれを見たような気がした。
 不二刀というキャラが前提にあって、キャラとしては夕日や朝日そして自然なんて、嫌と言うほど見ているのではないか、と常々疑問に思っていたのだが、

「 もちろん、不二刀というキャラクターでの経験値は前提としてある。
 だが、俺という固体での経験値は皆無に等しい。
 不二刀というキャラクター自身、日本の琵琶湖は始めてのことだけど。
 キャラクターとしての経験値は、知識としてある感じ。

 だけど、この感動は、俺自身の経験で生まれたものだから。」

 そうか。そういうもんなのか。

「 で、ものは相談なのだが・・・・・雪を見たいのだが。」

 雪・・・・・寒いよね。嫌、寒いのは一向に構わないのだが、君の場合、ハイリスクが問題なのでなぁ。

 年末、雪が降る。

 

 

サンシャイン牧場

2009年12月13日 07:30

・ 結構、飽きてきた。
・ 週の前半、ぼっけ~として、後半慌てる、を繰り返す。
・ クリスマスシーズンなので、サンタがただでやってきた。
・ このサンタ、作物をゲットすると、その分きっちりコインを徴収するらしい。
・ あの、七福神みたいな笑顔で、どうやってコインをせびるのかと思ったら、
・ すごく事務的でがっくり・・・・・
・ で、野良犬に変えてみた。
・ 野良犬・・・・・対私には全く何もなく・・・
・ 吼えるとか、噛み付くとか、してくれねぇんだな・・・
・ で、私の作物を取った人には、噛み付いたりしてるんだろーか?
・ どうも私が思っているのとは違う行動を取っているようだ。

・ 竹、これって薄利多売の方式で効率がよいように思う。
・ なんつったって、成長まで一日。
・ 収穫には16/個。
・ 竹に移行している人もちらほらりん。
・ が、相変わらず花を育てることとする。
・ アイテムの中の作物が、どうしょうもなく増えてきた。
・ 使い切ったはずのメロンが再び五個。
・ もう、邪魔。

久しぶりに外出した蜀道行

2009年12月13日 07:30

・ 久しぶりに蜀道行とホームグラウンド2こと市大付属植物園へ。
・ ちょっと気合入りました。
・ 不二刀らに比べると、まだまだ表情は硬いが、だいぶ前進できたと俺は思う。
・ それにつけても、このどんぐり顔。
・ 横顔がどうもいかんなぁ・・・・真横にするとのっぺりで。
・ 横顔の角度研究しないと。
・ しかし、まぁ、なんというのか・・・・・
・ 表情を探る時、無意識に凛々しい顔になるのは、
・ やはりそういう顔を選んでいるということなのか。


・ 私の場合、木偶を動かす=外に写真を撮りに行く。
・ なので、基本的に我が家の木偶は外に出たいのだと思う。
・ それぞれに行きたい場所というのはある。
・ だが、状況によって希望の場所に行けない場合、
・ 贅沢は言わない。<それはそれで忍びないものが・・・
・ 行くこと事態に意義があるのだと、彼らは言う。
・ そして、それを何より望んでいる。

ここ一週間

2009年12月12日 07:30

・ パソコンを入院させたが、入院先から全く連絡なし。
・ ネットで状況確認、埒があかないので、電話にて問い合わせ。
・ 電源ユニットが破損し、現在部品を取り寄せ中。
・ ぶっちゃけ、新品買った方が、はやくねぇか?
・ とりあえず初体験なことだし、どうなるのかという興味もあるので動向をみていく予定。

・ ついでにいうと、携帯電話も壊れた。
・ 電化製品というのは、どうして連続するのか?
・ 水につけたりなど、した覚えはないのだが、水が原因で起動しなくなったらしい。
・ なので、現在、こいつもまた入院中。
・ 代わりの携帯を借りているが、メールなどは全く使っていない状態。

・ パソコンを利用することができないので、DVDなど動画を見ることもなく・・・
・ ついでにネットすることも減った。
・ その分、本が読める読める。
・ 古龍の作品を読み続ける。
・ そういえば・・・・・いい加減、新刊でててもいい頃だよな・・・
・ と思いつき、アマゾンを検索してみたが、新刊でちゃいなかった。
・ もう・・・何年待たせるのですか、岡崎先生・・・・・
・ 気がとおくなりますですよ。

【のだめカンタ-ビレ】 24巻 終了

2009年12月09日 07:30

 これで連載終了。
 え”?ってな感じ。
 いや、まさかもう少しくらい続くかなと思っていたので。
 これ一冊で終了させているため、かなり急激に話をまくったという印象が拭えない。
 もう、そりゃ、あっさりしたもんで。
 もうちょっとネチネチと書き続けて欲しかったなぁ・・・・・・
 のだめの方向も、そうなるよな-ってなことで、落ち着くとこに落ち着いて・・・・
 将来も安泰だな、ありゃ。
 

パソコン壊れた

2009年12月08日 07:30

 まぁ、もういつ壊れてもおかしくねぇだろう、という状況だったので、覚悟はしてました・・・・ケド。 
 もうちょっと踏ん張ってくれると期待していたのだが、無理だったようで。
 ハードディスクが拙いと思っていたのだが、それより拙かったのはファン。
 いや、俺は驚いたよ。
 本体のケースを開けてみて。
 誇りにまみれるファン・・・・・
 そりゃ、ファンも回るの大変だったろーとも。
 あんなに埃がたまっているなんて、久しぶりに見たぜ!
 つーか、見たこと、ねぇよ!
 こんなの富士通の社員に見られるなんて、耐えられない・・・・
 と思って掃除機で吸い取りはしたものの、若干反対側が小汚く・・・
 つーか、囲われてるから完全に綺麗にしようというのが、そもそも無理な話で。
 
 で、新品も範疇に入れるべく、富士通の新機種を見てみたが・・・・・
 富士通・・・路線変更したままだね。
 薄型で液晶一体型のタイプ重視ですか。
 液晶一体型は場所をとらなくていいのだろうけど、ハード面で不安。
 液晶と本体を分けたほうが、無理なく作業ができるのでは?

 俺は、今の機種がすごく気に入っているのに、それを追従した機種は、もう作らないとでも?
 しかも、液晶でかすぎ。
 22インチなんて、机に置けません!
 つーか、もう、本気でパソコンを作ろうという気がないような印象を受けた。
 
 私は、一度気に入ったら、ずっと同じメーカーを使い続けるタイプの人間で、
 そりゃ、もう、浮気はしない性格なのだが、浮気したくなっちゃう。
 しかし、いくら安いとはいえ、外国製品って基本的に嫌いなんだよなー。
 かといって日本の他社も、相性がいまふたつくらいだし。
 あぁ、富士通、なぜ路線変更したまま戻ってこねぇ~んだよ。
 切ない。

【BAD BOY】  by張惠美

2009年12月06日 07:30

 久しぶりに張惠美の【BAD BOY】が聞きたくなった。
 この歌、ラテンのノリが心地いいので好きだ。
 ラテンは情熱で愛を語る、という印象を持つ私だが、
 同じ愛でも【BAD BOY】は、ほとほとお前には愛想が尽きた、
 という女の歌になっているところが面白い。
 陰気臭い内容をラテンの明るさで、あっさり歌っているところが気に入っている。
 ほぼ15年前。1995年くらいの歌。

 私も歌いたいたいが、
 こんな高音、でるわけねぇ~~~っつ-の。
 それにつけても、やはり彼女は歌が非常に上手い。
 



 そんなことはともかく。
 本当のファンというものは、応援する歌手のCDは必ず3枚以上は買うものらしい。
 一枚は自分が頻繁に聴く為に、もう一枚は保存用、残りの数枚は宣伝のために友人に配る為。
 まぁ、闇雲に配るわけではないと思う。
 外国語を聞いて解らないから聴かないという人だっているし。
 音楽に興味のない人は、論外だし。
 私の場合、中華圏のロック・ポップスファンは、
 大抵私の応援している人のCDを購入済という場合が多いので、配る必要もなかった。
 

気に入れば

2009年12月05日 07:30

・ 襲滅、再び神社仏閣へ行く。
・ 三度目となると、慣れてきた様子。
・ 他の人は知らないが、私の木偶はその場所が気に入ると、
・ そんなにいじらなくとも好き勝手にやっている。 
・ 自然と表情が生まれるというか、ポ-ズが決まるというか。
・ 勝手にポ-ズを取っているというか?
・ 逆に不愉快だと思うと、なにをどうしても決まらない。
・ そんなに嫌なのか!?
・ というくらい。
・ しかしなんというか、神社仏閣での襲滅はおとなしい。
・ 最近、怒ることもない。
・ しかし、腹が減ったらやる気がでないのは、相変わらずで。
・ この人はすぐにスイッチオフになる(魂が抜ける)ので、見てて解りやすい。
・ あと、文句は言わなくなったが、その分態度で示すことが多くなった。
・ 疲れると、顔が「あ--き--た--」という気のない表情になる。
・ 色んな意味で、己を見ているような気にさせる・・・・・

盲目の女(ひと)

2009年12月04日 07:30

 彼女は地上に出る階段の上り口まで来ると、じれったいような表情をした。
 私は彼女がいる階段を上から下っていた。
 彼女の手には白い杖。目が見えない証。
 私は、彼女が階段を上るのなら、手すりのどちらかを選ぶまで待とうと立ち止まっていた。
 彼女は私の視線に気付いたのか、私の方に顔を向けると、
 「改札口に連れて行ってもらえませんか」
 と私に尋ねた。
 
 
 「では、先ず、私の腕を持ってください」
 そういって私は自分の左腕を差し出した。
 彼女の細い手が、私の肘の下に軽く添えられた。
 思うに、肘を上から持つと力が入る。
 力を入れると支えている方に負担がかかってバランスを崩す。
 そうなると、二人はヘタするとこける可能性がある。
 だから、盲目の人は、負担にならないように軽く手を添えるのだと思う。
 彼女の足音には、特徴があった。
 足のつま先から踏むような音。
 まるで、軍隊の行進のような足音。
 一歩一歩、距離を測るかのように、リズミカルに力強く踏む。
 始めて逢った二人なのに、不思議に二人のリズムはぴったり同じだった。
 盲目の彼女が、誰かに頼らずには活きていられない故の慣れというものなのか。
 

2009年12月03日 19:30

 そこに猫がいるのだろうと思っていたが、確かに猫がいた。
 一歳になるかならないかくらいの子猫で、ペルシャと雉虎の血が混じっている。
 雉虎猫と一緒に行動しているようだった。
 猫を見つけた中国人女性二人が、「かっわい~~~」と言いながら猫に近寄った。
 女性二人のうち、一人が乳白色色したビニ-ル袋をがさがさと取り出した。
 その瞬間、猫たちの目がギラリと光った気がした。
 これは、いける!
 というような一瞬の閃きを、君らは感じたろう、と私は端で見て思った。
 猫たちは女性二人に媚を売る。
 子猫は一生懸命鳴いて訴える。
 だが、女性が手に持つその袋には、食べ物なんぞは入っていないのだ。
 可愛い、を連発し写真を撮るだけで、何もくれはしない。
 5分強ほど女性に訴えていたが、用を成さないと察した猫たちは、何事もなかったように茂みへと消えていった。
 中国人女性も、当初の目的を思い出して、場を離れていった。

 
[ 続きを読む ]

$円が半年振りに87円台中盤

2009年12月01日 07:30

 現在(11月26日)、87.35円付近をうろうろしている$円。
 しかし、他の通貨を見ていると、$円ほど円高にはなっていない。

 ユ-ロ円≒132.1円
 豪$円 ≒80.93円
 ポンド円 ≒145.89円
 ユ-ロ$≒1.5107$
 ポンド$ ≒1.6695$

 $円が先行して円高傾向にあるのか?
 いや、ユ-ロ$は$買い傾向にある。
 あ-・・・・単に日本の商社方面が輸出入で動いているのかな。
 年度末決算を控えているし。
 昨年、こんな状況を見た覚えがある。
 年末になると、儲けられなかった企業ディ-ラ-が博打を打ち、
 為替が急激に変動するものだが、その前兆とでも?
 
 面白いなぁと思ったのは、豪$円の今年の為替の動きが、
 2年前のユ-ロ円と似ているということだ。
 2年前、ユ-ロは$に代わる通貨だと期待され、
 根拠なく右肩上がりで上昇傾向(ユ-ロ高)傾向にあった。
 それと同じ状態が、今年の豪$円。
 世界的に不景気となり、頼れるものは資源だというのだろうか。