FC2ブログ

おたくパワ-

2010年11月18日 07:30

 暫くの間、家のパソコンを立ち上げずにいて、久しぶりに天空を覗いたら、台湾の友人から伝言が入っていた。
関西に遊びに行くから、よかったら会わないか、ということなんだけど、気付いたのが友人の出発日の前日。
焦った。非常に焦った。まぁ、中国的感覚ならば、一日あるし、って言えなくもないけど。
で、まぁ、ギリセ-フで会う事になったわけだ。

 今回会った友人は、台湾の友人の中でも一番気心が知れている人で、彼女は既に何度か来日している。
 日本に来てナニをしているかといえば、日本の漫画が好きなのでマンダラケで漫画の古本及び同人誌を買い、京極某がこれまた好きなので彼の小説も買いあさっている。買う量が半端ないので、両親から「いい加減、買うのを止めて頂戴!」とクレ-ムが入っているが、めげない。他に日本のドラマや映画も熱心に見ているのだが、基本DVDはトラさんシリ-ズのような台湾ではコアで台湾で入手不可なものは日本で買っているが、それ以外の最近のメジャ-路線は自国で買っている。まぁ、台湾はDVDが香港、中国に比べて一番高い価格だけど、日本で買うよりは安いわな。で、一方、日本の観光地も徘徊している、熱心な日本ファンだ。
興味が高じて、3年くらい前に出社前に日本語教室に通い、日本語検定2級を取った。
そういう外国に対する興味の持ち方、スタンスというのが、非常に私と近いので、気が会う。
 毎回、来た時以上に重い荷物を抱えて帰国する友人を見ていて、
「毎度のことながら、おたくパワ-全開だな。」
と冷かすのだが、友人は笑って「人のことが言えるのか」と言い返すのがいつものお約束だ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



ドラマでみる李氏朝鮮  

2010年11月12日 07:30

 李朝の王族の話、王の話なんて、全く興味ナッシング。
で、今日まで来ているので、王族の話がらみの時代劇を見ても、ぶっちゃけ解らんのですが、そうゆ-ても始まらんので、ウィキでちょこちょこチェックしながら見ている。
で、まぁ、ドラマになるくらいなのだから、色んな意味で注目を集めているキャラなんだろうな-と思っていたが、皆さん、本当に色々大変だったらしい。
 ナニが大変かと言うと、臣下の権力闘争が常に付きまとっていて、王がソレに腐心するというのが、お決まりパタ-ンのようだ。どこの国でも国を統べる統治者と、背後で、まぁ時には堂々と実権を握ろうとする臣下との摩擦はよくある話だが、李朝もそこらへんは同じだったらしい。

 臣下に振り回されっぱなしだった人。
 臣下に振り回されることを厭い、なんとか治めようとした人。
 振り子の針のように、大きく揺れては戻すを繰り返しながら治世していて、そのバランスのとり方に並々ならぬ苦労が偲ばれる・・・・気がした。
[ 続きを読む ]

整理するのは、部屋だけじゃない!

2010年11月05日 07:30

 サ-バ-サイドのメ-ルボックスにメ-ルを保存設定してんだけど、つるっとサボると、凄い量堪ってる。
 それを選別して捨てる。
 こまめにするのが一番だけど、それが結構面倒で、気付けば更に面倒な事が待っている。
 で、サ-バ-サイドのメ-ルボックスのみならず、メ-ラ-も同じ状態で選別削除が必要。
 なぜならば、サ-バ-サイドのメ-ルボックスを事前にチェックせんからだ。
 フォト蔵のお気に入りも同じ。
 気になる写真、凄く気に入った写真は永久保存状態で取り置きするけど、こういう写真は、実は少ない。
 参考にするためとか、なんかよ-わからんけど気になるわ、っていう写真が結構溜まる。
 これも選別して削除。
 が、フォト蔵って、相手先に行かないと解除できねぇんだな(笑)。もう、面倒。
 いちいちい-ちいち、相手先に行かなきゃなんない、写真の数だけ!
 写真も同じ。
 オリジナルの写真を全部残しておきたいけど、そうはゆ-ても保存に限りがあるもんで。
 現在、二箇所に保存しているけど、もう、明らかに失敗っていうのは、できるだけ捨てるようにしている。
 のだが、連射で遊んだヤツって、意外と選別が面倒だと思うのね。
 量が無駄に多いから、その中から、コレだめって選ぶのが、面倒なわけ。
 まぁ、邪念が入っているから、なおさらなんだろ-けど。
 割り切れないとこもあるし。
 ブックマ-ク。
 も-、行ねぇとこは、捨てちゃいなさいよ、オレ!
 って気分。でもねぇ。
 今は行かないけど、今後の参考資料にしときたい仏教関係、とか。
 漢詩なんて、今は読んでられねぇけど、いつかは読みたいから、このサイト保存、とか。
 今は読めないけど原文で読める中国語小説サイト、とか。
 今は買わないけど、チェックはしておきたい、アレ、とか。
 積もり積もって・・・・・なんじゃ?!って感じ。
 あ-・・・・色んなところに見えない隙間っつ-か、空間って、あるよねぇ。

質感、ありまっか?

2010年11月04日 07:30

 いや~、以前にも書いたけど、私の写真を見て「質感があって好き」という方がいてくれはるのですが、当のワタシがど-も、よ-解らんのだよ(笑)。
 というのも、ワタシ、基本的にボケ・・・いや、まぁ、ワタシは確かにボケたとこあるけど、特にスイッチオフの時はぼけまくりだけど、そうじゃなくって、暈したい人なわけですよね。コンパクトデジカメから一眼レフへ移行したのも、色んな暈しをやりたかったから。
で、一眼を買ってから4年くらいは望遠ばかり使っていて、しかも最長の200mm(x1.5倍換算)付近を一番多用していて、それはちょっと拙いんじゃないかってわけで、途中から85mm(x1.5倍換算)で足を使うように意識的にしたけど、基本スタンスは変わらず。
 今でも当時を振り返ってみて、よく200mmの焦点距離で撮ってたな、って思うけど(笑)。
 どんだけピントに対して認識が甘いねん、って自分突っ込みしたくなるわねぇ(苦笑)。
 で、昨年から意識的に広角・標準レンズを主に使うようになって、相変わらずボケに専念してたわけだけど、そ-はゆ-ても広角・標準レンズで引いた絵も撮り始めるようになるわけで、そういうところで質感がでるのかなぁ・・・・って思うのがワタシの限界かなって思う。
ぶっちゃけ、基本的に木偶以外は暈しているケ-スが大半ですからねぇ。
場合によっては、木偶の目付近しか焦点があってない・・・とか、ある、ある(笑)。
 暈して雰囲気がでる植物あたり・・・・・とか?
 空に浮かぶ・・・・・雲?
 そうでなければ、その一枚の持つボケの雰囲気が偶然質感を思わせるモノと一致した、とか? 
 あ!木偶、そのもの・・・・だったりして? 
 ♪なんでだろ~お、なんでだろ~♪

で、そういう感想を仰ったもう一人に逢う約束をしているので、当人に聞いてみます。
リップサ-ビスだったら、どうしよう(笑)。
いや、疑うわけじゃないんだけど、最近、みょ~に愛想がいいので。
やにさがっている?あ、言い方、悪いですね。
ク-ルなあなたは、どこいった?!ってくらいに。
個人的には、ク-ルな時より、今の方がイイんですけど、読んでますか、コレ(笑)。

ベビ-ブル-の空

2010年11月03日 07:30

 早朝、てくてく歩いていて何気に空を見上げたら、空の色がベビ-ブル-だった。
 ベビ-ブル-。
 確か、フランス系老舗ブランドのトワレに「プチサボン」という名前のものがあり、トワレに凝っていた頃はその瓶に書かれていたベビ-ブル-の文字を見て、どんな青やねん、と一人突っ込んでいたのだが、実際に見て、なるほどと思った。
 とても初々しい。
 瑞々しいとも。
 薄い水色で、どこか頼りなげで儚げでいて優しい色合い。
 こういう空を見て、ベビ-ブル-という言葉が浮かんだのかな。
 個人的には、ちょっと薄いグレ-が気持ちちょっと入っているくらいの色合いが好みだけど。
 空の青さというのは、割合メリハリの利いた色が好きだったんだけど、こういう優しい色もいいなぁと思うこの頃。
 この色は、雲が空の全体に広がりほどよくあり、だけど太陽の光量もそこそこボリュ-ムがない(うっすらと太陽に幕をかけるような雲がかかる)と、たぶんでてこない。

解けない数学  by【台湾人生】 感想

2010年11月02日 19:30

 元々ドキュメンタリ-映画だったものを本にしたもの。
 監督酒井充子氏がプライベ-トで台湾旅行に行った際、
一人の日本語を話す老人と出会い、
それがきっかけで台湾が日本植民地時代に日本の教育を受けた老人に関心を持ち、
その後新聞社を辞めて映画界へ転進し、この作品を作り上げた。
 この本に登場する日本語を話す台湾人の老人たちは、
皆80代前半あたりで、日本語教育を受けた最後の世代で内省人である。
中には、少数民族出身の人もいる。

アマゾンで中身が見れます


01 hon-taiwanjinsei1
[ 続きを読む ]