FC2ブログ

誰も触れてはならぬ

2010年12月31日 19:30

 大掃除・・・・・ちょっと大変でした。
 今年は忙しいことを言い訳に、あんまり普段から掃除をしなかったのが祟ったわけです。
 もう、あんまり掃除に乗り気ではなかったのですが、掃除をしていくにつれて、隅々が気になる気になる。
あぁ、ソコもやっとこうか、じゃぁ・・・やっぱりココも・・・・・
そして手を出し、こんもりと溜まっている埃と出会う・・・・・
 サボった分だけ、きっちり溜まっている埃。
 手を出して後悔。
 ソコで止めときゃ、よかったと。
 でも手を出したということは、勘弁ならんかったんだろう、たぶん。
 まぁ、溜め込んだ分、久しぶりにスッキリ感がありましたけど。
 で、アプリの「ハッピ-ペット」へ行ったら、
トイレが大汚れでハエが飛んで異臭を放っているらしいイラストが表示されていて、愕然とする。
まだ、アタシに掃除をしろと?!

 きっと触らなければ触らないで、日々過ごせちゃうんだけど、気付いてしまうと見逃せない罠。
 っつ-か、日々、ちゃんとやれって-の、自分!
 と思ってしまう年末。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



外来種のコイ、米国で大暴れ

2010年12月07日 21:00

 何気にBS2のチャンネルをポチっとしたら、突然画面に川を元気良く飛び跳ねる魚の映像が映し出された。なんじゃろな、と思って見ていたらBBCの放送で、今、米国ではアジア産のコイが大繁殖し、このままやつらの繁殖を許せば生態系が破壊されるってんで、かなり焦っているらしいということが解った。

 つまり、こういうことなのだ。
 1970年代に養殖場の浄化に一役かってもらおうとコイを輸入したのだが、洪水でコイが脱走。こいつらがイリノイ川をつたって徐々に北上し、米国五大湖の一つミシガン湖にまでもうすぐというところまで来ているのだ。
ただ単に北上しているわけでは毛頭無く、やつらは、きっちり大繁殖しながら北上している。ので、米国の役人及び釣やレジャ-方面の関係者、生物学者が焦っているわけだ。もし、このコイがどんどか北上し、この調子で大繁殖をしちまった場合、お金で換算すると70億米$の損害が予想されるっつ-んだから、いやはやコイ、されどコイ。侮れん。
 コイ、と聞いただけでは、ピンと来なかったのだが、どうもコイはコイでもコクレン、ハクレン、アオウオ、ソウギョ系のコイらしい。コクレン、ハクレン、アオウオってのが、どんなツラ構えをしているかは私は解らないが、ソウギョは解るぞ。ソウギョは杭州などの湖や公園や寺の池なんかで、さんざん見たからな。
 ソウギョかぁ・・・・・・確かに繁殖凄そう・・・あそこまで大きくなるんだから、そりゃ大食いするよな・・・
よく昔話で川の主とか言われる超絶大きなコイが出てくるけど、主ってこいつらがおっきくなった姿かな、くらいにでかいです。
[ 続きを読む ]

規格外ウイルス & 想像

2010年12月05日 07:30

 NASAが発見したと言う砒素でできたウイルスの話を読んで、びっくりした。
 地球上の生物が使うリン以外の主要元素は水素、炭素、窒素、酸素、硫黄の五つで、このウイルスはリンの代わりに砒素を使うとか。
 砒素・・・と言えば、つい最近見た韓国ドラマ【王と私】で側室暗殺説の陰謀で王妃を陥れるために利用されていたのが砒素だった。砒素を飲む=死ぬ、という固定観念があり、また昔から人を殺す場合の常套手段としてさんざん利用されているネタでもあり、どんな生き物でも砒素をくらえば死んじゃうと思っていたのだが、そうじゃないヤツも存在してたんだなぁ。
 
 このウイルスがいた場所というのが、サンフランシスコの東方、シエラネバダ山脈の麓にあるモノ湖。湖水は塩分濃度が高く、アルカリ性で、人間など通常の生物にとって有毒なヒ素が多く含まれているということだ。
なにかの拍子にこの湖に落ちてしまったか、はまり込んでしまったかで出られなくなったウイルスが、粘りに粘って自分を変化させて環境に耐えうるように改造(進化)させちゃったのかなぁ。
と、つらつら想像しているうちに、生き物の生きるパワ-って、すげぇなぁと感心してしまった。
 自分を改造させるって、どんな感じなんだろう。
 願って願って、強く願って、活きたいと思い続けた結果なんだろうか。
 ウイルスに思考はない、と言われればそうなんだろうけど、でも、最初から砒素を体内に取り込んでいるものなのかな。もし最初から砒素が体内になかったとしたら、結果として、ウイルスには思考はないだろうけど、自分の体を変化させてまでも種の存続維持を願ったことには変わりはないんじゃないかな。 
 ここまでにたどり着くまでに、どんだけのウイルスが生まれて死んでったンだろう。
 わらわらわらわらと増やす中で、偶然突飛な忍体性のある固体が生まれていって、徐々に徐々に変えていったんだろうなぁ。途方もない時間の中で。
 目に見えないちっちゃいちっちゃいウイルスでさえ、この粘り。
 って、まぁ、勝手にウイルスが自ら変化したことにしちゃっているが。
[ 続きを読む ]