FC2ブログ

【セデック・バレ】

2012年03月20日 07:30

 【セデック・バレ 太陽旗(第一部)】
 【セデック・バレ 虹の橋(第二部)】

 【海角7号】の魏徳聖監督が心を込めて制作した作品。
 一部、二部合わせた上映時間は4時間30分。
 1930年、日本統治下の台湾で起こった先住民セデック族による抗日暴動・霧社(むしゃ)事件を描く。
 2011年台湾映画最大の話題作がついに日本上陸。
 第一部は、自分たちの文化や習慣を禁じられ、過酷な労働を強いられていたセデック族が、部族の誇りをかけた蜂起に至るまでのドラマ。
 第二部作完結編は、霧社(むしゃ)事件に対する日本軍の報復とセデック族の葛藤と決死の戦闘を描く。

 霧社事件とは、1930年10月27日に、台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷/山岳地帯)で起こった台湾原住民による日本時代後期における最大規模の抗日暴動事件。
翌年1931年には第二次霧社事件が発生している。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



没後50周年記念企画なの? 【マリリン 7日間の恋】

2012年03月15日 07:30

 【マリリン 7日間の恋】 公式サイトはこちら。


 ハリウッド女優マリリン・モンロ-没後50周年企画、なのかどうか知らんが、彼女の映画が公開されることに。
 ワタシの中では、1950年~60年代のハリウッド女優で、一番好きな、いや、一番好きなと表現するのもモドカシイくらいに別格な女優。
 でも、女神じゃ、ないんだけど。

 色々と伝説のある人だが、今回の映画ネタは新ネタで実話とのこと。
 というのも、マリリン・モンロ-がサ-・ロ-レンス・オリビエと共演した【王子と踊り子】の時に第3助監督を担当していた男が、晩年執筆した自叙伝で彼女と恋愛していたと暴露して世に知られたという話。
 ネタが尽きそうで尽きないあたりが、伝説の女優らしさというか。
 ポイントはマリリン・モンロ-の人物像の描き方になると思うけど、う~~~ん・・・・どうだろう。
 予告編観た限りでは、ファンにとっては定番の人物設定になっているように思えたので、新鮮味に欠ける気がして。
 当時彼女はア-サ-・ミラ-というインテリ劇作家と新婚生活を満喫していたから、下世話な事を言えば浮気ネタ。それを、どう純愛風に昇華しているのか、というのが彼女の魅力=見所なんだろうなぁと思うだけに。
 まぁ、なんというか、もう、他人評価と彼女の本質とのギャップなどで苦しむ彼女の姿は、「今更」知りたくもないような気がしなくもないというか。積極的に観たくもないなぁというか。
 オレ、絶対、泣いちゃうからねぇ、先が読めても。
[ 続きを読む ]

つくもん降臨、してますか?

2012年03月14日 07:30

 日本ではモノに神様が宿ると言うが・・・・・・
 ひょっとして、九十九神降臨?!
と思ったこたぁ-ないですか?
 【聖☆おにいさん】7巻でイエスのノ-トパソコンに
九十九神ことつくもんが宿るというネタがあるけど、アレみて
オレのパソ男、もとい鈴木君がそ-じゃねぇのかと、ふと思ったり思わなかったり。
 流石にウィンドウズ98が99へとバ-ジョンアップしてたなんて神業は使えないからなぁ。
 だけど、一度故障した時に、「もうちょっと、がんばって!」
と語りかけて機動し、移動させたいファイルの移動が終了したとたん、
ぷっしゅぅぅぅ~と本体から音&煙発生した時は、その健気さに
つくもん降臨した!今っ!
って思ったりはしたが。
 
[ 続きを読む ]

写真集6万円越えって!?

2012年03月02日 07:30

 いっや~~~好きな写真家の写真集を買おうと思ってアマゾンをうろついたんですよ。

 したらば古本価格6万円!

 正確に言えば62,000円ちょいなんですけど。
 ナニ!このスペシャルな価格!
 というか、ホントにこんなんで売れるの?

 
 以前、古龍の本を探していた時は、当時一番最後に出版された【多情剣客無情剣上下】がわずかに書店に売れ残っている状態で、まぁ、ちょっと秒読み前って感じでした。
 好きな作家の本は古本ではなく新品で買いたい。
 だけど、ない。どこにも、ない。
 ネットだけでなく書店めぐりをしたが、ない。
 殆どの小説は、絶版になってる上に元々刷った冊数がかなり少なく、持ち主が手放さなくて古本に流れてこないって、ソいう事情がありました。
でも、探している人は、当時古本屋に流れてくる冊数よりは多くて、もう、奪い合い(笑)。
値段がどんどん上がっていった記憶があります。
だけど新品で約600円の古本を、流石に2,000円以上の値で買う人はいなかったです。
なんか、不思議とそ-いうところは、買い手側に妙な連帯感があるというか、誰も手を出しませんでした。
だから上値がだんだん下がっていって、1,500円以内で収まってましたけど。


 今回探している写真集は、新品で3,500から4,000円程度なんですよ。
 写真集の中には、ゴッツ高っ!
 てのがあるけど、そういうモノではないんです。
 だのにぃ~~~~~なぁぜぇ~~~~~
 安くて2万円!
 人数少ないけど、とっても好きな人がいるとは思ってたけど、アタシ、日本でソンナ値がつくほど人気があるとは、全く思わなかったンだけどなぁ。
 コアだから、逆に火がついた、とか? 
 一体、ダレダ?ココまで値を上げたヤツは。

【獣の奏者】 全四巻

2012年03月01日 07:30

著者:上橋菜穂子
1巻【戦蛇編】/2巻【王獣編】/3巻【探求編】/4巻【完結編】


01hon-kemonososya.jpg


 獣ノ医術師の母と暮らす少女エリン。ある日戦闘用の獣である戦蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母はエリンの目の前で処刑されてしまう。
 孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔る王獣と出会い、その姿に魅了される。そして王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて王国の秘密を明かし、運命を左右することになる・・・・
 NHKにてアニメ化された。
[ 続きを読む ]